2017年05月22日

より良いものを追い続けませんか

こんばんは。2日ほど間が空いてしまいました。このところ土日がバタバタしちゃうのですよね。^^;


犬育てとはなんの関係もなさそうなこちらの記事が私の中では繋がる不思議。(笑)

この記事を初めて読んだとき、このお話しに出てくるルースという人の姿を自分に重ねたんですよね。
自分がこの世を去る時どうありたいかなって。
日々の暮らしかた、在り方は最後の時に繋がっていますね。

170522_01.jpg
ルビ子、ベッドメイクしていてこうなりました。^^;

私の場合、日々の生活は犬や猫達と共にあるわけで。つまり彼らへの接し方・・自分以外への生きものへの在り方とも重なって。
誰にでも必ず来る最後の瞬間に、怒りで満ちたまま逝きたい人なんているはずないと思います。・・・が、実生活は厳しいもので、意識して良いものを取り入れないと日々そういうものにまみれて過ごしてしまいそうな現実がありますよね。

170522_02.jpg
チニタ、今年も水遊びの季節がやってきました♪

結局、根本的なことは自分の中にあるんだなって。だからまずは自分の心を育てるところから。そして自分を育てるのと同じように他の命も育てることが出来たらいいな。

”自分に優しくする”ということは”自分を甘やかす”のとは違って強い自分を育てることも含むから、弱さを脱皮する時少々辛いことがあるけれども、でもそういうことの繰り返しが最後まで繋がってるんだなって思います。
”結果”は”途中”と繋がっているけど、途中で出る結果なんてものはなくて、最後にしかわからない。
その最後の時に見える世界は途中をどう過ごしてきたかによるのですよね。

要は、気づいては修正し、また気づいては修正し、が日々を作っている、みたいな。^^;

170522_03.jpg


結局は自分がその内側に持っているものしか見えないのだから・・だから人生かけてより良いものを追い続ける人がいるんだろうなって思います。

犬や猫と暮らしているみなさん、一緒に追いかけませんか?より良い生き方を。





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 19:20| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

「この子お散歩が嫌いなんです」で済ませたくなかった

こんばんは。埼玉、朝から太陽がでて気持ちの良い一日でした♪

先日初めて猫のチニタを公園散歩に連れて行きました。

彼は室内飼育の猫だけれども、犬の勉強をしているうちに猫にだって当たり前に外の環境が必要だよね、と思うに至り、外を楽しくお散歩できるようにしてあげたいと思っていたのです。猫という動物の環境エンリッチメントの為のお散歩ですね。

環境エンリッチメントとは・・・
動物の飼育環境を改善するための実践的な工夫。動物を何もしない折に閉じ込め単調な生活を強いることが、苦痛を与え異常行動を発現させる。こうした指摘を受け、1980年代から環境エンリッチメントとして数々の試みが動物園でなされるようになった。
(『行動生物学辞典』東京化学同人より引用。)

我が家は動物園ではありませんが、^^;猫(チニタ)をある意味室内に閉じ込めて生活しているので、彼の環境エンリッチメントの為にお散歩を、ということですね。なので”チニタが心地よくお散歩できる”ということに重点を置きます。

170519_01.jpg

その為には、リードを付けたりハーネスを着けたりそれをつけて平気で歩けるようになったり(他にも色々、いろいろ。)色んなことに慣らさなきゃ!と思うかもしれませんが、私がまず最初に大切にした(そしてこれらもずっと大切にする)のは、私が彼にとって怖くない存在になるということでした。
チニタにリードをつけるのもハーネス着せるのも外に連れ出すのも全部私なので、彼に接する私、彼の隣を歩く私が彼にとって怖い人だったら、新しい環境で安心して歩けるわけないですもんね。

これ、ワンコさんも同じだなあと思います。
例えば子犬を迎えて初めてのお散歩。ワクチネーションの関係もあるので抱っこ散歩から始める人も多いと思いますが、きっと見るもの聞こえるもの感じるもの全てが初めてで特に小型犬さんは外というものに圧倒されてしまう子も沢山いるかもしれません。
そんな心細い気持ちでいる時、いつも叱られてる人に抱っこされてたらお散歩ってその子にとってどんなものかな。

* * * * *

ちなみに、叱った後に良い行動をしたら思い切り褒めているから大丈夫・・・でしょうか?
いつも叱る怖い人に褒められて犬は(猫は)嬉しいですかね。^^;安心するかな。
それに今怒っていたと思ったらすぐに笑顔になって・・って、そういうのっていつ起こり出していつ機嫌がよいのかわからない不安定な人って解釈されないかな、とか。

大型犬さんなど、中には叱りもものともせずスルーしてくれる子もいるかもしれませんが、でもみんながみんなそういうタイプの子ではないと思いますし、そう言うタイプの子でも叱らない方がいざという時頼りにしてくれるのは安定した人だと思いますよね。

そういう意味では・・・
チニタは知らない人が怖いので人気のないところを散歩していますが、何かあった時にも大慌てせずにチニタを保定してキャリーバッグにいられる安定した自分、というのをいつもイメージしながらでかけています。人形は顔かもしれないけど(これ知ってる人どのくらいいるのかな。^^;)飼い主は安定感が命です。^^;

・・・というところをチニタとお散歩しながら考えていたのでした〜。
猫のお散歩から犬のお散歩を考える、の巻。^^;

自分が一緒に暮らしている動物のことを勉強するのは勿論大切だなと感じますが、猫の事を勉強すると犬という動物が見えて来たり、逆に犬の勉強をしていると猫のことが見えて来たりしますね。
そういう意味ではこちらのテンプル・グランディンさんの本は本当におすすめです。


犬猫以外の動物達のことも書いてあるのですが、犬や猫にも当てはまるなと感じることが沢山出てきます。すると、人間という生きものがどんなに他の動物達と違っていて、じゃあ私たちはどんなことに気をつけてあげれば彼らと上手にそして豊に暮らしていけるのかな、って考えられますよね。もっともっと動物と仲良くなりたい方は人ぜひ読んでみてくださいね!




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:51| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

”叱らない”はリードワークでも

こんばんは。今日はチャーリードッグスクールのリードワーク・ワークショップに参加させて頂きました。

170517_01.jpg

犬とのお散歩は文字通り”犬達の為のお散歩”。
その為のリードワーク・ワークショップ。

何度参加させて頂いても新たな気づきのあるワークショップです。
多分従来の犬のトレーニングをイメージして参加されると色んな意味で^^;びっくりするような内容だと思いますが、でもこれをワンコさんを迎えた時から意識していれば、彼らとの生活がもっとスムーズに行ったのではないかと思う方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。そのくらい、犬のトレーニングの世界では異質なものなのだろうなと今日改めて感じました。

でも参加されるとわかると思います。ワンコさん達が生き生きとしていることを。(もちろん飼い主さんも♪最初戸惑いがあってもきっと生き生きしてきます。)

オンリードでも犬がオフリードのような感覚で歩けるように、私達飼い主が勉強する場所なのです。
でも犬達がリードをつけてお散歩することは、普段の生活の中の一部なので、リードで繋がっていない時から”叱らない”を実践するところから始まるんですよね。
私とルビーの関係も、私が叱るのを止めた時から新しいスタートを切ったと思っています。本当にそうなんです。もし今までご自分のワンコさんを叱っている方がいたら、それを止めるだけで彼らとの関係がガラっと変わるはずと思います。(なぜなら叱りは彼らを怖がらせたり不安にさせたりするものだから。)

そして、その”叱らない”の延長線上にリードワークもあるんだなって、今日は強く感じました。なぜなら私は今まで自分が意識しないところでリードワークで彼らの事を叱っていた(不快な思いをさせていた)ということがわかったからです。

叱る事を意識的にやめ、更に無意識でやってしまっている”叱り”も修正できるように。そうすればもっと彼らの信頼を得て、彼らと調和しながら生きていける。そういう希望が見えてくる場所です。

170517_02.jpg

犬達の、人間から見て困った行動を引き出しているのは自分だったんだ!って気づいた時の衝撃^^;と共に、なぜか自分の中に明るい光が差し込む、不思議な瞬間がこのワークショップにはあります。
自分は今まで間違っていたけど、修正すれば彼らの笑顔が見られるって確信できるからかな。

リードワーク・ワークショップ、夏の間はお休みですが、秋からまた単発で開催して頂けるようです。また座学なども随時開催されていますのでご興味あるかたはぜひ一緒に学んでみませんか?きっと新しい世界が見えてくると思いますよ♪





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:56| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする