2018年09月18日

ストレスを恐れて囲い込まないように

こんばんは。
今日は夕方ルビーの排泄散歩に出たら大粒の雨でした。さほどひどくはならなかったけれど都会はかなり降ったようですね。

180918_01.jpg
夕方、ホシホウジャクがプルンバーゴの花の蜜を吸いに来てました。

まだまだ犬がどういう動物かわからなかった頃、ルビーが犬友さんの姿を見て喜んで走り出そうとするのを
”突進”
と呼んだことがありまして。^^;

それをどうしたらよいのか先生に聞いた時、先生が一瞬
”ポカン”
としたのを今でも覚えています。

そう、あれは”突進”とは呼ばない。^^;彼女はただ嬉しかっただけ。

きっと私は、自分がどうしてよいかわからなくて困ってしまっていたから、ルビーの行動が”突進”に思えたんだろうなあと思います。

* * * * * * * 

こんな風に、自分がどうすべきなのかわからなかったり、犬の状態をどう解釈してよいのかわからない時って、
「これは興奮しすぎなんじゃないか」とか「ストレスだったんじゃないか」
などと、自分自身が不安になるので、なんとか犬の行動を制限したいという方向に向かってしまうのかも、と思ったりします。

そんな感じで、私もルビーの行動に過干渉になったり、色んなことをさせないようにと囲い込んだりして、ルビーはもちろん自分自身もとっても窮屈な生活を送ってしまったなあと振り返って思います。

そんな悩みの最中にお散歩トレーニングに参加して、犬達が喜んだりはっちゃけたり、ガス抜きの為に高速回転したり、ただでさえ匂いの世界に生きている彼らの中でも更に”匂いフェチ”っぽいワンコは誰よりも立ち止まって道端のにおいを嗅ぐから、みんなより大きく遅れて広場に到着したりなど、様々なワンコを見てホッとしたのを覚えています。

犬がどういう動物で、どんな成長過程をたどるのかなどを知ると、初期の頃の私のようにちょっとした興奮や、その原因となるストレス(とされるもの)に怯えて囲い込んだりせず、のびのびと犬育てができるのではないかなと思います。


* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************


↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

まだまだ育ててます

こんにちは。
今は雨降りになっちゃいましたが、昼間は気温が上がって暑い一日でした。近所のキバナコスモスがきれいに咲いていましたよ。

180917_02.jpg

犬育て。
植物育てる時の土づくりに例えることの多い学びです。土の中の栄養が悪かったら太くて丈夫な幹が育たないから、土づくりはとっても大切。

老いも含め、一生成長し続ける命。
成長の過程で何が起きるたびに、自分が持っている引き出しからその時必要なものを取り出せるように、という学び。私もまだまだその学びの途中です。(飼い主としての自分を育ててる途中です。)

道具や方法など、引き出しから取り出すものだけを持っていても、それを取り出す人が犬にとってどんな存在なのか、どんな風にそれを使うのかで、彼らにとってはそのものの意味が大きく違ってくると感じます。
だからまずは自分が犬にとって最高の存在(=彼らが身を守ろうとしなくていい存在)になるよう、叱らないことを含め安定した自分を作ったり、よりよい接し方を学んだり、がとっても大切なんですよね。

でもすべてのことを一辺にできるなんてことはないので、道の途中を歩いている自分も大切にしたいな。
より良い状態を求めて一歩一歩進んでいるうちに、だんだんと家族になって、そしてどんどん愛しさが増す・・・。一緒にいればいた分だけ愛しさが増していくなあと感じます。

180803_01.jpg

賢いからとか、何かが出来るから愛しいのではないのですよね。
犬だって、年を重ねれば出来なくなっていくことの方が増えますもん。
でもできなくなっても愛しいですよ。

「あなたは犬の何が好きですか?」
って聞かれるとそれだけで胸がいっぱいになります。

犬の何が、というよりも、

「犬だから好き」

そう実感するからかな。

犬はそこにいるだけで愛しい存在です。



* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************
↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 17:57| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

聴いてもらうということ

ひょんなことから、久々に目を通したお気に入りの本。


お気に入りというか教科書というか。

犬達も、安心して自分を表現できて、それをただただ聞いてもらえたら楽だよね、と思いました。

何も聞いてくれようともせずに無理やり自分を変えようとする人よりも、
ただただ自分の話を聞くということをしてくれる人がいたら、どんなに心休まるだろう。

パニクった時やいきり立った心に届くのは、そんな人の声や介入なのかもしれないなと思います。

150903_02.jpg

犬の言うことを聞けるようになるには、彼らのことばを知らなければならない。
そして聞こえているということを彼らに伝える為には、
彼らに通じるような方法でそれを伝えることが必要なんだなとつくづく思います。

だから、今よりももっと犬達のボディランゲージを理解して、
もっと使えるようになりたいなあと思います。





* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************
↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ボディランゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする