2017年03月03日

お散歩トレーニングとかお散歩会とか♪


先週、先々週(厳密にいうと今週だけど。^^;)と、チャーリードッグスクールのお散歩会をしてきました。チャーリードッグスクール・オンライントレーニングに入会されている方対象のお散歩会です。

自然豊かな公園を、犬達にとって心地よい距離をとりながら歩いてきました。170303_01.jpg

犬(というか動物)にはそれぞれパーソナルスペースというのがあって、それを侵害されると警戒心から吠えがでやすくなったりします。なのでそのスペースを侵害しないように距離をとって歩いていると、安心感からかそのスペース自体がだんだん狭くなっていつのまにか犬同士近くを歩いていたりすることがあります。最初にパーソナルスペースを尊重しながら歩いているからこその結果なのかなと思います。

これを知ると、飼い主がリードを引っ張って無理やり犬同士を近づけたりすることがどんなに彼らの気持ちを無視しているかということや、そういう飼い主の行動が彼らからの信用を失うことに繋がっているんだというのがわかるようになります。

お散歩トレーニングやお散歩会って、それに参加さえしていれば自動的に何かが改善されるという訳ではないので、私達飼い主は日々先生のブログを読んだり質問したり、それを家で実践したりして、その上でお散歩トレーニングやお散歩会に参加するようにしています。だから新しい方も安心してご参加頂けるのかなと思います。
飼い主が犬について学ぶ学校、なんですよね。上記のパーソナルスペースについても、私はここで学んで初めて知りました。

お散歩会やお散歩トレーニングでは、これ以外にも犬達の警戒心や思い込みを解く要素が沢山つまっている訳ですが、そんなチャーリードッグスクールのお散歩トレーニングが、4月1日に長野で開催されます♪

「長野お散歩トレーニングin小諸 」
http://ameblo.jp/charlie418/entry-12252860129.html


参加される方のお悩みは、事前にカウンセリングして頂けるそうなので安心ですね♪
ワンコさんとの関係にお悩みの方、ぜひ参加してみませんか?(^-^)/



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 14:30| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

抱っこで伝わる

こんにちは♪
今日は埼玉の予想最高気温13℃で、本当にあったかです。間違えて虫達も起き出すんじゃないかと思ってしまう。^^;

170216_01.jpg

ルビ子、ヘルニアをやってから歩けない訳じゃないんですけど、長く歩くのはキツいかなということで公園に行く時は家の周りは普通に歩いて、その後カートに乗ってもらって、公園に到着するとカートから降りて一緒に園内を歩きます。

それで、カートに乗せる時抱っこするじゃないですか。

9年前にルビーを引き取った頃、抱っこする時何も意識していなかったんですけど、犬の勉強始めてまず最初に「やってもうた」^^;と思ったのは、抱っこの仕方でした。

遊園地のアトラクションでバイキングとか、ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンとか苦手な方いますか?
早い話が、あれと同じようなことを、ワンコさんは抱っこされたり下ろされたりする時に感じてるかも。というお話しです。^^;

ルビーを迎えた当初は、ルビーの準備ができているかどうか確認もせずにいきなりヒョイ!っと抱っこしたり下ろしたりを、やってしまっていたのですね、私。
ルビーはそれで怒ったり気分を損ねたりするタイプではなかったですけど、でも”わかってもらえてない”って感じてたと思うんですよね。

わかってもらえてない、は信用できないといことだと思うので、この人に着いていきたい!って存在には私はなっていなかったということだと思います。

こんな些細なこと、って思うかもしれないけれど、その上私達って犬が少しでも吠えたり噛んだりしただけで(甘噛みでさえ^^;)「こら!」って言って叩いたり叱ったりしがちです。どうして吠えたか、噛んだかを考えずに。ますます信用を失ってしまいますよね。

もしかするといきなり抱っこされてフワッって重力がなくなってビックリしたのかもしれない。
相手のスペースに不躾に侵入していたのかもしれない。
体に痛いところがあるのかもしれない。

170217_02.jpg

何もないのに吠えたり噛んだりする犬はいませんもんね。
それをする必要がない環境を与えてあげること・・・だからまずは自分(人側)の行動を見直そう、ということを思い知った約6年前の散トレを思い出しながら、今日はルビ子としみじみお散歩してきたのでした。
だかが抱っこ、されど抱っこ。^^;
ちなみに今は、体の下に手を入れようとすると前足をあげてくれるので、そうしたらゆっくり抱っこしてます。下ろす時も瞬間的に重力がなくなるような下ろし方はしないように心掛けています。
ということで、私の失敗例のほんの一例でした〜。^^;


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 15:04| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

それぞれの想い

こんにちは♪
今日もしっかり冷え込んでいる埼玉です。^^;明日の朝はまた氷点下になるみたいで、ルビチニ達暖かくして寝ないとね、って思っているところです。

シニア期を迎えたワンコさんニャンコさんと暮らしている飼い主さん。
彼らの身体の健康と心の健康、どちらを優先するかみたいなところで悩む方は多分沢山いらっしゃるんだろうなと想像してます。
毎日のお散歩だって、もしかしたら体に堪えるかもしれないから行かない方がいいかなとか、いやでも外の空気吸ったら、お仲間さんの空気を感じられたら、この子は喜ぶんじゃないかなとか、満たされるんじゃないかなとか、シニア犬の飼い主さんはみんな毎日色んな想いを抱えて過ごしているんじゃないかなと。私も同じなので。

先日のさいたまお散歩トレーニング、ルビーを連れて行こうかどうか、実は直前まで悩みました。前日風が恐ろしい程強くて寒かったんですけど、この日は天気予報で
「今日は風が止んで穏やかな一日になるでしょう」
てなことを^^;言っていたんですよね。

170210_01.jpg

ルビー、散トレの場が大好きなのでお仲間さんに会えたら喜ぶんじゃないかな、また前みたいにみんなの前でデモをやったら気持ちに張りがでるんじゃないかしらん。
という気持ちと、
もし天気予報が外れて風が強かったら体に障るかな、
という気持ちのはざまで揺れていました。

でも連れて行っちゃった。

それが正しかったのかどうかはわかりません。

170210_02.jpg

でも散トレの場って、飼い主さんが本当に色んな想いを抱えて集まる場なんだって思ったのです。
インストラクターのハク母さんが私やお仲間さんのそういうものを感じ取って下さっていた様でとっても嬉しい。ブログをリンクさせて頂きますね。当日どんなことをしたかという事も書いてあってとっても勉強になります。



* * * * * * 

170210_03.jpg

私は上で書いた様な想いを抱えての参加でしたけど、私とは全く違う想いや真摯な気持ちで参加している方が沢山いたと思うのです。

6年前の私は、ルビーの事が全然わからなかったので彼女のことを知りたくて散トレに参加していました。
でも知る事になったのはまずは自分がどういう人間か、という事が大きかったですが。^^;その上で、その先にルビーが、そしてワンコがどういう生きものなのか、ということが見えてきた気がしています。まずはイヌでも他人でもなく自分、というのを思い知った6年前という感じでしょうか。^^;

170210_04.jpg

想いは人からは見えないものかもしれないけれど、それを大切に抱えて一緒に歩ける仲間や場所があるって、とっても心強いことだなって今も思います。それぞれ何かを持ってこの場に集まって来ていて、そしてそれを受け止めてくれる人がいると感じる、幸せな散トレでした。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 12:02| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする