2018年08月14日

ルビーが私の手をひいて

こんばんは。今日も暑かった〜。週明けから少しお天気崩れるのかと思ったら、天気予報もどんどん変わりますね。

今日は夕方少しだけベランダで外の匂いを嗅いだルビーです。抱っこして、よ〜く鼻をみていると、ヒクヒク動いているのがわかります。匂いで何を見てるのかな〜と想像もできないことを想像してみたりして。

明日の朝は少し気温が低くなりそうなのでマンション下に出てみようと思います。歩かなくても”匂いの散歩”や”情報交換(排泄)”はできますもんね。

180814_01.jpg
2015年のルビーです。

ルビーを迎えた当初、彼女はお散歩で他の犬に会うとくるっと向きを変えて反対方向に歩きだしたり、私の後ろに隠れたりということが多々ありました。私は彼女は犬を怖がっているんだなと思って、そのままではかわいそうかも・・というのもあって、お散歩トレーニングに参加した、という経緯があります。

だからこそ、初めてのお散歩トレーニングでの彼女の姿は忘れることができません。他の犬を怖がるどころか、もう喜びいっぱい満面の笑みで(笑)他の犬たちに混じって走りだしたんですよね。
他の犬とからんで遊ぶということはないんですよ。でも彼女があの場を楽しんでいることはこんなわからずやの私にも^^;はっきりとわかりました。

じゃあ普段の散歩でのルビーの様子は一体なんなんだろう?としばらく不思議で仕方なかったのですが、犬のことを学んでいるうちにだんだんわかってきたんですよね。

例えば、犬たちは自分と他者との距離をとても気にしながら生きている動物で、”ここからこっちは自分のスペース。近づいてほしくない”と感じているスペースの概念があるということ。
また相手に近づくときは彼らなりの礼儀があって、弧を描く世に近づいたり、地面のにおいを嗅げながら近づいたりなど、敵意がないことを示しながら近づく、というようにボディランゲージで会話をしているということ。

この二つを知ると、そうか、ルビーは怖がっていたのではなく(怖がっているボディランゲージではなかった)、また、自分のスペースに侵入していくる相手から去る、という行動を淡々ととっていただけなのかも。ということに気づきます。

勿論、犬によっては距離が近すぎて怖くてその場を離れたいという子もいると思いますが、どちらの場合も、その犬の気持ちを汲んで距離をとれるようリードを緩めたり、または一緒にその場を去る、ということが大切のだと思います。きっとそれが出来なかったりさらにそこにリードのテンションが加わったりしてその結果吠える、、ということが少なくないのではと思います。

180814_02.JPG
先日の恩賜公園の蓮。散ってもきれい。

こんな風に、犬の”距離感覚についての概念”と”ボディランゲージ”を最初から知っていれば(自分の犬の様子も、相手の犬の様子もわかって)ルビーを誤解しないで済んだのかもしれない、と思ったりします。
そんな過去の光景を、今遠くから眺めると、リードで繋がったルビーと私。きっと犬たちから見たら、ルビーが私(=犬語の不自由な生きもの)の手を引いて犬の世界に連れてきた・・・そんな風に見えたかもしれないなと思ったりしました。

* * * * *

さあ、お盆も明日から後半戦。10月からまたお散歩トレーニングを開催する予定ですが、その前に9/24(月・祝)にお散歩トレーニングのオリエンテーションを開催する予定です。秋から散トレをお考えの方はぜひご参加頂ければと思います。
場所は浦和駅近辺です。ショッピングカートが準備できたら改めてご案内しますね!


応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 22:54| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

齟齬をなるべくなくしたいから

こんばんは。
今日は各地で雷が鳴りまくっていたようで、苦手な方々大丈夫だったでしょうか。

180803_01.jpg

夜中にルビーが起きだすことがあり、最近は身体的に色々不便になってきているので付き添うようにしています。
大体は水を飲んで、その後寝床に戻ってまた起きだしたりくるときは、また水を飲むか部屋をしばらく歩き回って排泄(おっきいの)というパターンが多いかな。全て寝ぐずりだと思って対応していると生理的な現象で起きてきたことを見逃してしまうから、そうならないように気を付けてきます。のどの渇きもいやせずに、出したものも出せずにいたら、^^;眠れるどころではありませんもんね。

でもこれ、もし普段から何がなんでも自分(飼い主)の言うことを聞くように、という向き合い方をしていたら、犬のこういった変化にも気づけずにいたかもしれない。そんなことを思いました。

「犬の心へまっしぐら」の中に”犬に信頼される為の5ヶ条”というのがあり、その中に以下の記述があります。
コミュニケーションは、良い関係を築くには必要だし、それどころか、コミュニケーションが成り立たなければ、どんな関係も築けない。犬の言いたいことを理解し、犬に理解してもらうために適切な対応をし、何をしたいかという双方の希望を合わせ、愛情関係を深め、気持ちを重ねて共同作業をする。こういうことができるように、私たちも学ばなければならない(p.124)


犬を叱ることは、この大切なコミュニケーションを破綻させる一つの原因になっていると感じています。
びっくりして吠えちゃったら(怖がってるのに)「コラ!」って叱られるとか、
叱りながらお座りを要求する人に対して、犬が「落ち着いて」というカーミングシグナルで応えたら、「言ったことをやらないのは人をバカにしてるからだ」とか。^^;

そんな風に、犬の自然な行動や、落ち着きたいという欲求に耳を貸さず、一方的に人間の都合を押し付けるために叱っていたら、きっと今のルビーが言いたいこと(したいこと)もわからないままだっただろうなと思います。でも、もっとわかるようになりたいから引き続き学び続けないとね。私よりもキャパシティが広そうなルビーのことだから、きっとスルーしてくれてることがある気がするのですよね。”大人しい子ほど気にかけてあげないと”、というのは、端からみて大人しかった子どもの頃の自分が、実は問題を沢山抱えていたからこそ思うことでもあります。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

ちょっと夏休み気分♪

こんばんは。
今日は早起きして、姉と上野恩賜公園に蓮を見に行ってきました。

180812_02.JPG

そんなに遠くないのにここに蓮を見に来たのは初めてでした。埼玉の「古代蓮の里」には行ったことがあるのですが、ここは「古代バスの里」とは違って、広々とした蓮の池の背景にでーんと高層ビルが入り込んだりして、なんだかとっても異次元感満載です。

そして異次元空間は足元にも。
ミツバチ達が蓮の花びらの奥深くに入り込んで行く様子や、それによって雄しべがモゾモゾ動いているのを見ていると、人間には到底見ることもできない世界を彼らは体験しているんだわ〜と、誇らしいような不思議な気持ちになるのでした。そして少しだけ、自分がよそものである様な寂しさも。

180812_01.JPG
ミツバチが真上でホバリングしてると、花托がヘリポートみたいに見える♪

1時間ほど蓮&ミツバチを堪能したあと帰宅。ルビーがちょうど朝ごはんを食べ終わり、トイレしてるところでした。食欲も落ちず、出るものも出て、もうそれだけで御の字です。
明日からの1週間は、ちょっと天気がぐずつきそうです。雷の注意報もでたりしているので、苦手なワンコや猫たち、大丈夫かな。
暑さや雷や台風による気圧の変化など、生きものにはいろいろ厳しい夏ですが、工夫しながら少しでも楽に乗り切りたいですね。

 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする