2019年07月18日

犬の行動を止めるということ

こんばんは。
久しぶりの更新になってしまいました。^^;
今年の梅雨、長いですね。もう心身ともにくたびれてきた感満載ですが、これからもっとくたびれる夏が来るのか〜^^;;;と、戦々恐々としています。
みなさんもどうぞご自愛くださいね。

190718_01.jpg
チニタは元気です♪雨降りでもベランダは濡れないもんね♪

先日のCDSのボディランゲージの講座、その4日後のリードワークの講座で共通した内容があったので頭の中を整理するために記事にしておこうと思います。

共通した内容とは、
”してほしくない犬の行動はしっかり止めていこう”
ということです。

犬は同族との間には上下関係をつくりますが、人間との間にはそれを作らないと言われています。
ですが、生後7ヶ月の思春期以降の若い時期、特にオスのワンコなどは自分の力を試そうとチャレンジしてくるような個体も中にはいるようです。
またそうでなくても、何かに対して吠えた時、すぐに止めてあげられた方が犬自身にも、また周囲の人に対しても負担が少なくて済むと思います。

また、狩猟本能が強いと感じられる犬に対しても同様で、狩りにつながる行動は根気強く止め続け、衝動を抑制できるようサポートすることがこの社会で暮らしていく為には大切だと思います。

190718_02.jpg

”叱らない”
というと、
犬の行動を一切止めないかのような誤解をする方もいるかもしれませんが、むしろ

”それやめて”
とか
”マッテ”
と言った時に
”( 母[父]さんがそう言うなら )了解!”
と犬から反応が返ってくるような、そんな関係になるための”叱らない”であって、
”犬の行動をなんでもかんでも許可する”ということではないのですね。


しっかり止める為にも、(「名前を呼んでおやつ」や犬のニーズを満たすことによって)信頼関係をつくっておくこと。
そしてお散歩時には、乱暴でない方法でしっかり止められるようリードワークをがんばる、など、
犬に繰り返し伝え続けるためにも、飼い主として上記2点を常に意識したいと思います。





↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:28| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

チャーリードッグスクール・リードワーク座学に参加しました♪

こんにちは。
雨ですね〜。梅雨の晴れ間となりそうだった昨日も曇りときどき雨で過ぎてしまいました。

そんな梅雨空の中、金曜日はチャーリードッグスクール「リードワーク座学」に参加してきました。

2010年に同スクール夏目先生のお散歩トレーニングに初めて参加してからもう9年経ちます。

その頃から先生が練り上げてきたリードワーク。
基礎(犬への接し方=犬が受けとるものがどういうものであるべきか)をブレずに体現できるよう、小さな変化を少しずつ遂げながら、犬と人両方の身体&感情に優しいリードワークに進化してきていることを実感しています。

リードショックを使わずに犬らしさを引き出し、且つ過剰な吠えや引っ張り飛びつき、拾い食いなどはしっかりと止めていく。
犬たちが犬らしさを保ったまま、この社会で互いに協調しながら生きられるように。そんなことを目指しながら進化しているのを感じています。

190714_01.jpg

リードワークと言っても、リードを持つ人には基本的に犬のボディランゲージへの理解を求められます。なので同スクール7/7(日)の「犬のボディランゲージとシグナルの読み方講座」を受講した方はとても分かりやすかったのではないかと思いました。

そして、今回の講座には「リードワーク、ボディワーク、穏やかな負の強化のために」という副題(?)がついていました。
実際にリードを持って自分も動いてみたりして、その場でチェックできるので、半分ワークショップのような雰囲気も楽しいひとときでした。(穏やかな負の強化については、先生のサロン(=「犬の森」)や他の講座でご確認下さい。)

190516_02.jpg


どうして犬のことにここまで一生懸命になるのかな?

誰でも人から優しくされたいし、困ってる時には助けてほしい。
逆に、自分のそばに助けを必要としている存在があったら助けてあげたい。(と思いませんか?)

そういう、どう"自分は生きたいか"という根本的な部分と犬の勉強は私の中で繋がっています。講座に参加しながら自分をチューニングしている感覚があります。

ちなみに、CDS夏目先生の座学は夏休み中にも開催されます。(8/24,セシオン杉並にて。)
なんと、小学生・中学生・高校生は無料だそうですよ。
(小学生は、夏休みの自由研究としても良いのでは?!と個人的には思ったりしています。)


犬との関係にお悩みをお持ちの方も、これから犬を迎えたい方も♪ぜひご一緒しませんか?



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 12:14| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

チャーリードッグスクール「犬のボディランゲージとシグナルの読み方講座」

こんばんは。
なんだか涼しいというより肌寒いくらいの陽気ですね。密かに風邪も流行っているみたいです。みなさまご自愛くださいね。

昨日は「犬のボディランゲージとシグナルの読み方講座」(by チャーリードッグスクール)に参加するため、小田原まで行ってきました。
さいたま散トレに参加してくださっている方々と一緒に、有意義な時間を過ごしてきました。

190708_01.jpg
昨日のハンドアウトと会場「UMECO」の七夕飾り♪

犬たちのコトバであるボディランゲージを知ることは、

「どうして吠えるの?どうして噛むの?」


というお悩みに答える重要なヒントが含まれていると思います。

でも相手のコトバがわかっただけでは、コミュニケーションとしては十分じゃないのですよね。

知ったら今度は私たちが彼らがわかるコトバで彼らに話しかけないと、一方通行なコミュニケーションになってしまうから。

そしてその時(彼らのコトバを使う時)、私たちは成熟した大人犬のコトバを使って、犬たちに語り掛けたいです。彼らのコトバは彼らが争いを避けようとする平和主義者であることを示しており、私たち人間も学ぶところが多くあると思うからです。

成熟した大人犬たちは、人間は見ようと努力しなければわからないほどの小さなシグナルで
「こうするんだよ」
と争いをさける空気をその場につくりだそうとしているように思われます。

190404_01.jpg

講座を聞きながら、お散歩トレーニングでのルビーの姿がよみがえりました。

「お母さんついてきて(「こうするのよ」ととれなくもないような。)」

とリードでつながった私を静かに誘導して、犬たちが少し近づきすぎたその間を突っ切って歩いていくルビーの姿です。
(その当時、私は彼女のしていることに全く気づいていませんでした。)


そのくらい、人間からすると”何かをした”と気づきにくいような小さなコトバを犬たちはずっと発しています。

彼らのコトバをまず受け取って(=感じられるようになって)、そして今度は私たち人間がそれを使うことで、
「こうするんだよ」
と、犬たちに示せるようになりたいなあと強く思います。
犬にとっての”大人としてのモデル”になれるように・・・
・・なりたいとあなたも思いませんか?!

”私たち人間は、犬たちに学ぶことが沢山ある”。
そんなことを今回も感じた講座でした。
夏目先生、ご一緒したみなさま、有意義な時間をありがとうございました!



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 00:07| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする