2015年07月22日

何から始めよう?〜FaceBookより

おはようございます♪今朝のお散歩は少し涼しい風が吹いていていつもより心地よかった気がします。写真は昨日のだけど。^^;

犬の欲を満たすこと、また犬らしい行動をさせてあげる事(例えば匂い取りやシグナルを出せること)が彼らの自信に繋がること、更にその自信は生きやすさに繋がり社会に適応するキャパシティを育むという事を知れば、人が安易に犬を叱ることの不適切さが見えてくる気がします。なぜなら、犬が当たり前に許されるべき行動を人が叱ってしまっている事が多いと思うからです。

私は既に叱ってしまっていたので”叱らないこと”から始めました。
叱らない自分を作ることで、犬を知る準備が自分の中で整ったんですよね。多分叱らないことで自分自身が落ち着けたからだと思います。だからまず今犬を叱っている人は”叱らない”自分を作ることをお勧めします。
 「叱らないとダメってことが伝わらないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、犬の不適切な行動は罰ではないもので止められます。犬の好きなものや、人側が犬語を駆使することで止められますのでそれを知る為の準備運動として”叱らない”をぜひ!
・・と、短い朝んぽの間に考えたことを書いてみました。今日も素敵な一日を♪ 


posted by カエデ at 00:00| FaceBookでのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする