2016年01月06日

あけましておめでとうございます♪

あけましておめでとうございます♪

160106_01.jpg

新年のご挨拶が遅くなりましたが、4日にはチャーリードッグスクール の夏目先生の座学に参加し、心新たにした年始でした。

2014年から2015年に掛けては身の回りでもいろいろな変化があって、それらに向き合っていると犬の勉強で得たものがそのまま人にも(勿論自分にも)言えるよね、という事の多さに気づかされます。その位、命には共通の部分があるのかな、と。

愛護のことを考えると、ことあるごとにルビーを迎えた頃を思い出すのですが、私はあの頃犬を迎えるなら保護犬を、とずっと思っていました。捨てられてしまった命を今度は私が幸せにしてあげたいと思っていました。
・・・が、そうなのです。命が助かればそれがそのままその子の幸せに直結するとは限らないんですよね。

夏目先生の過去ブログです。↓
「心に秘めたもの」

命を救ったけれど、その命は全然輝いていなかったなと、当時を振り返っては感じています。その頃、ルビーだけではなく私自身も幸せではなかったな。

では今幸せなのはなぜだろう?
ルビーがこんなにもルンタッタ♪^^;歩くようになったのはなぜだろう?

愛護の世界にいても、犬の福祉(犬とはどういう動物か)について深く考える人やそういう事を学べる場所が本当に少ないといのが現状です。
私は”動物福祉に則った暮らし”というのは、犬が当たり前の欲求を満たしてもらえる暮らしのことを言うのではないかなと思っていて、そしてそういう暮らしは人間にも優しいよ、というのを実際に経験しているので、今年はその辺のことをなんとか表現していければいいなあと思っています。なかなか難しいことではありますが、自分なりに頑張りたいと思います!みなさま、今年もどうぞよろしくお願い致します♪





posted by カエデ at 19:13| 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする