2016年02月15日

猫もえらい、犬もえらい

犬友さん、、、というか犬猫友さん?^^;と一緒に『猫なんかよんでもこない。』を観てきました。

2012年に見送った愛猫フーラと同じ境遇の黒猫が出てきて色々思い出したりしていました。
160215_01.jpg

最近読んだ内田樹先生の本『先生はえらい』にこんなくだりがあります。

”一人の師に複数の弟子がいて、弟子たちは全員が師の蔵する「謎」の解読に失敗します。失敗することが義務付けられているのです。でも、まさしく全員が師の「謎」を解く事に失敗するおかげで弟子全員が師との対話を(師の死後でさえ)続け、弟子同士で「ああでもないこうでもない」と「謎」について終わりなく議論し合う事ができるのです。”
(「先生はえらい」p.151)


あの映画の中にも師と弟子がいましたね。
フーラも私にとっての”師”でした。
というか、今も”師”です。
『犬ってよんだらくるよね』^^;
って映画を作っても、多分師と弟子が登場するに違いありません。






posted by カエデ at 23:36| Comment(0) | 大切な余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

かっこよくなんてなくていい、でもかっこいい

お散歩中、飼い主さんの横(または後ろ)にしっかりついてよそ見もせずに歩く犬。
もしルビーを迎えていなかったら
「わ〜イヌって凄い。あんな風にお散歩できるなんてカッコイイ」
と思っていたかもしれません。

カフェで飼い主さんの足元にゆったりと寝そべる犬。
ドッグランで名前を呼べばすっ飛んで戻ってくる犬。
カッコイイ♪し、可愛い♪

でも最初からそういう見た目のカッコよさやおりこうさんだけを求めてばかりいると何かこう・・大切なものが置き去りにならないだろうか・・・。というか、私はそうなってしまってどんより顔のルビーとしばらく生活することになり、何ヶ月か経った頃ようやく何か(自分が)間違ってるぞということに気づいたのでした。

頭(前頭葉)で考え過ぎる私たちは、本当はもっとシンプルに築けるはずの犬達との関係を複雑にしてしまっているところがあるのかもしれません。
例えば”○○をしたら(しなかったら)おやつをあげる”とか”室内トイレで排泄しないとお散歩いかないよ”、とか^^;
何かが出来るようになるまで何度も何度もその行動だけを繰り返し練習して、できたらご褒美あげるね、とか・・・。
でも本当は、そんな駆け引きなんていらない。

犬を変えようとするんじゃなくて、自分が犬にとって大好きな人になれば、お散歩でも自然と傍を歩いてくれるようになるんですよね。横にびしっとついていなくても、飼い主さんとのそばをウロウロと・・・飼い主さんと一体になって歩くような、そんな関係。ちょっと遠くに離れても「あ、離れちゃった」って後から追いかけてくるような関係。
そういうのが可愛いなあカッコイイなあ・・・と思うようになりました。

160212_01.jpg

私たち、色々逆なのかもしれません。
”あれがカッコイイからあれを目指そう”、じゃなくて、
(本当の意味で)犬に好かれ(ようと努力する)人と犬との関係性が見せる様々な現象が”カッコイイ”っていうんじゃないかなと、今は思っています。






posted by カエデ at 21:56| ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

ムツゴロウさん講演会に行ってきました♪

昨日は、私が犬周りの勉強で(犬の、と書かないところに私のこだわりがあったりして。^^;)お世話になっているチャーリードッグスクール主催の『ムツゴロウさん講演会』に行ってきました。

160208_01.jpg

動物愛に溢れた先生の講義は、会場全体が温かいエネルギーに満ちて、そしてそれがそのまま私自身の犬達への感謝の気持ちや愛しさに繋がるような、そんな素晴らしいものでした。
講演会の内容は書けませんが、昨日の雰囲気を追体験したくて、全く同じ体験は無理なのはわかりつつも 『犬はどこから・・・そしてここへ』にまた目を通していました。


ムツゴロウ先生の本を何冊か読了しているので、昨日の講演会でも、あ、このお話しをここでされるということはとても大切にされているエピソードなんだなとか、この言葉を直接お聞きする事ができるなんて!と、本を読んだ時の感動がまたぶり返してくるような、いやいやぶり返すというより先生から直接それをうかがえる幸せに、身も心も満たされたひとときでした。

世の中は、はっきりとこう!と分るものを求めて、そういうものの方が信頼性が高い、そういうものを教えて欲しい、自分がどうするべきかという事まではっきりと教えて欲しい、という人や、またそういうものを教えたいという人が沢山いると思いますが、そうではなくて、材料をもらってどうするかは自分で決める、答えは自分で探す、という事の大切さに気づくと、より人生が豊かになるような気がします。
失敗も苦い経験もその豊かさの一つ、なんですよね。それを豊かさと思える様な学びを与えて下さる先生方やお仲間さん、そして犬や猫達に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!


posted by カエデ at 16:52| セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする