2016年02月24日

慌てずにゆっくりと

今日は、チャーリードッグスクールのさいたまお散歩トレーニングに参加いたしました。
11組14頭、北風ピューピュー吹いていましたが、寒さ対策しっかりしてワシワシ歩いてきました。


160224_01.jpg
写真:れあパパさん♪


犬と犬とを近づかせて挨拶させることが目的ではなく、距離をとりながら同じ方向を向いて一つの集団になって歩くパックウォーク。犬達がこんなにも社会的な動物だと知らなかったら、そして距離があっても彼らが匂いやボディランゲージでコミュニケーションしていることを知らなかったら、このパックウォークの意味もわからなかったかもしれません。
そして、そんな彼らの静かで豊かな世界を邪魔することのないように、私たち飼い主もリラックスして、肩の力を抜いて歩きました。


若かったり経験の少ない子は、はっちゃけたりごねたりわがまま言ったりすることがあるけれど、それも生きものだから、必ず通る道として、落ち着いて対応できます。
決してリードショックを与えたり、大声で叱ったりせず、ある時ははっちゃけに付き合い、ある時はいきり立った気持をなだめたりしながら制止して、まずは穏やかな自分を彼らに示せるように飼い主自身、そして一緒に歩いているみんなが協力してがんばります。
そうやってまずは自分の気持を鎮める所から。犬を責めたり、他の何かを責めたりするのではなく、自分はどうなのかを見つめ、ゆっくりゆっくり(自分が)変化していった先に、それぞれの犬達との調和の取れた関係が出来上がっている事に気づくのかなあと思いました。


犬という生きものと、彼らを取り巻くものについての自分の学びの進度の遅さがわかると、犬達にだけすぐに変わる事を求めていた自分の未熟さが嫌ってほどわかります。
・・・が、きっとこれも通るべき道。
理想の形を追い過ぎて、形だけにならないように。そこにたどり着こうとする道のりを、試行錯誤しながらでも腐らずに丁寧に歩く事が、自分にも他の命にも優しいのだと感じました。


夏目先生、ご一緒したみなさま、今日も素敵な時間をありがとうございました♪





posted by カエデ at 22:30| Comment(0) | パックウォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする