2016年03月19日

私たち、同じものを持ってないかな?

ルビーを迎えて数年経って関係も落ち着いてきて、やっと書物に目を通す^^;余裕も出てきた頃、
犬をもっと知りたい、彼らの世界を少しでも体験できたら・・・。そう思って読んでみた本があります。

犬と人、同じ哺乳類でも自分は人間としての生活、感覚にどっぷり浸かってしまって、何かこう・・・生きものとしての根本的な感覚を忘れてしまっているのではないだろうか、って。それを思い出させてくれそうな気がして、読んでみた本です。


私にとってはトレーニング云々というより、動物にとって何が恐怖で何が心安らぐことなのか、ということが具体的に書かれていて、それがとても面白いなと感じる本でした。

人間が(犬からの)攻撃としてみなしている行動は、実は恐怖や嫌だという感情からくるものかもしれない、だとしたらそれを和らげてあげたり(恐怖を感じるものへのその感じ方を穏やかなものにしていったり)、自分が実はそういうものになっていないか?と自分の行動を顧みる、というところまで発展させられるのではないかなとか、今は考えています。

160319_01.jpg
犬よりも野性に近い猫様をモデルに。^^;
生垣の奥に怖がりさんな猫様がもう一匹います。

「動物ってそんなことが怖かったの?!」というものから、ところどころ「自分もそういうところあるな〜!」なんて似たような部分に気づいたりもして、哺乳類としての仲間感覚というか嬉しい気持ちになったりする方もいるのでは?その嬉しい気持ちは、彼らがもっと馴染める自分づくりをするのに役立つのではないかな?なんて感じています。興味のある方、ぜひ♪


posted by カエデ at 15:06| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする