2016年03月25日

繋がっている幸せ

昨日はチャーリードッグスクール・埼玉座学に参加いたしました。

犬を家族に迎えたなら、犬を愛しいと思うなら、犬のことをもっと知って、動物福祉にのっとった生活を与えてあげたい。

でも、知識を得るということよりももっと難しい、”知り得たことに添って自分が変わる”ということ。
しかも知らないこと出来ない事はまだまだ山の様にあって。

でも歩みを止める訳にはいかないので、未熟な自分を応援できるもう一人の自分をつくろう。
確か・・・一番最初にルビーとの関係をやり直したいと思った時もそうだった気がするよ。犬という生きものに対する無知や自分の過ちなど、自分でも嫌だと思う面を目の当たりにして目を背けたくなった。
けれど、そんなことさして耐えがたいことではなかった、もう一人の自分がそれを乗り越えた先にある幸福を見つめていたから。
同じように感じる瞬間は今でも度々訪れます。

160325_01.jpg

幸せな人が犬のことも幸せにできるのだ・・・と思うようになりました。
本当の幸せって、何もかもを持っていて何でもできることが幸せなのではなく、できなくてもできるように試行錯誤したり、誰かにヘルプを求められたり、辛くても悲しくても少しでも前に進もうと思える、しかも笑顔を忘れずに。そういう姿勢で生きられることが幸せなのだと思うようになりました。
(だから頑張っている人、出来ない事を笑う人は、出来るかできないかだけに注目していていて、これからのその人を応援するという姿勢に欠けていると思います。)

人が人に優しく出来るようになって、その優しさが他の生き物へとどんどん伝播していきますように。
人が犬に優しくできるようになって、その優しさが他の生き物へとどんどん伝播していきますように。
そしてその優しさが命を最期まで温かく見守れる強さを育んでくれますように。
そして私自身もまだまだ精進!なのでした。

1年間続けてきていただいた座学も昨日で最終回でした。夏目先生、毎回遠くからお越しいただきありがとうございました。心から感謝いたします。m(__)m ご一緒して下さったみなさまも有意義な時間をありがとうございました!
終わりのない学び、活動、これからもどうぞよろしくお願い致します。



posted by カエデ at 10:53| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする