2016年04月12日

すぐに変われる、まだまだ変われる。

160412_03.jpg

チャーリードッグスクール の埼玉お散歩トレーニングに参加いたしました。

2010年に初めてお散歩トレーニングに参加させて頂いてから、ルビーにとっての私は大きく変わったのだと思います。それも”すぐに”変わったのだと思う。

ルビーを迎えた頃の私は、”飼い主”になっただけですでにその子にとって”大切な人”になれた様な気になっていました。
でも、ルビーから見た私は全然大切な人でも好きな人にもなれていなかったんだなって、お散歩トレーニングに参加させて頂いてからわかるようになりました。

それまでの私は、犬に好かれたい、信頼されたいと思ってはいたのに、犬に嫌われる事ばかりしていました。留守番時の不安からくる吠えを叱ったり、お散歩では自分が行きたい方向へグイグイリードを引っ張ったり、犬からの信頼を失う事ばかりしてた。
そんな嫌な刺激ばかり与える人が、ポジティブな古典的条件づけの作業である” 名前を呼んでおやつ ”をやり始めたのだから、ルビーからしたら

「お母さん、どした・・・?」

ってくらいの方向転換だったと思うのです。

「お母さん、突然変わったな」

って感じてくれたと思う。

160412__01.jpg

それでも、犬の習性やボディランゲージ、そしてリードワークを学ぶにつれて、まだまだ彼らの理解者になれていない自分が見えてきて、だからずっと勉強させて頂いています。

6年も犬の勉強をしていると言うと、
「まだ(犬が)良くならないの?」
「凄く時間がかかって大変そう〜〜」
「ルビーちゃんてそんなに悪い子なの?」^^;
なんて思うかもしれないけれど、そういう勉強じゃないんですよね。

犬をいい子にする為とか、しつけを入れる為の勉強ではない・・・。

160412_02.jpg

犬について学んでいたら自分が見えて、自分が見えてくると犬を幸せにするために必要なものはなんだろう?って考え始め、未熟な自分を受け入れ且つ笑いながら乗り越えられるかな?そんな自分が身を置いている世界はどうなってるのかな?自分のイライラを犬に、他人に向けてしまっていないだろうか。そういうものを向けられた時、その人の中に何を見ますか?なんとなく息苦しさを覚えずにはいられないこの時代を、力強く乗り越えて行ける力を身につけたいと思いませんか?

そんなことまで問われているような学びが、 夏目先生 のお散歩トレーニングにはありました。

何年経っても変わらなければいけない自分がいるけれど、でも6年かかってジワジワと変わってきた自分を思うと、まだまだ(良く)変われる。そんな希望が湧いてきます。
「まだ良くならない。まだ変われない」
と落胆するよりも、数年たって振り返った時
「あの時少しずつだけど変化してたんだ。学びを実現してたんだ。」
と思える生き方を。
目的の為でなく、その道のりを歩む事自体が愛しいと思える生き方を。
そしてそういう人を(自分も)応援できる私であるように。

6年間本当にありがとうございました。
そしてこれからもどうぞよろしくお願い致します。



続きを読む
posted by カエデ at 16:01| Comment(2) | パックウォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする