2016年04月14日

振り子が徐々に中心をとらえるように

160414_01.jpg

忘れもしない、私は初めてお散歩トレーニングに参加した時、
「ルビーが前足を掛けてきたらクルッと後ろを向いて、お座りしたらおやつをあげてください。」
って言ったのでした。

おやつではぐらかす。^^;
そんな拙かった自分の姿を今でも時々回想しています。

初めて会う人に足をかけることができる彼女が人間に対してとても開かれているという事もわからなかったし、だからと言って全ての行動を許可するのではなく、例えばおやつポーチに顔を突っ込むとか、止めて欲しい行動には(はぐらかすのではなく)「それ違うよね」とそのことに直接フィードバックを返せばいいということもわかりませんでした。

若かった彼女が、同族である犬達と歩く事を心から楽しんではっちゃけていたことにもこれっぽっちも気づかなかった。
だから、走り出すルビーをぐいぐい引っ張って、一生懸命止めようとしていました。

ルビーは首輪ではなくハーネスだったから、グイグイ引いても頸椎を痛めるということはなかったけれど、でもだからと言って体に良い訳もなく、引っ張られて首のあたりまで上がってきたハーネスに気管が締められたりしていたと思います。

それに彼女からしたら、自分のことを全く分かってもらえてないという感覚があったにちがいありません。

犬にとって自分てそんな酷い事をしていたんだ〜・・・と気づくと、今度はリードを張る事がいっさい出来なくなったり、もっと発展して、^^;一切介入というものができなくなったり、してました。
でもそのリードの張り方を調整したり、その刺激を心地よいものにする為の取り組みがあること、更に自分からの働きかけ全てを犬からみて良いものにして、そんな自分が都度都度介入を行っていくことが、犬にもそして他の人にも理解しやすいし親切だということを知って、色々調整しながら今やっとここにいます。まだまだ知識や技術を体現できていない部分はあるけれど。

気づきがあると、それまでの自分とは正反対のところを目指そうとして反対側に行きすぎる傾向があります。皆さんはありませんか?まるで振り子の様なんですよね。それもかなり振れ幅の大きい。^^;

でもみんなそうやって、バランスのとれた一番いい場所を探しているんだなって思ったのでした。
中心を捉えるまでの周期は人それぞれだけど、でも続けていればきっといつか丁度いい中心を捉えることができるよ、って私は信じています。


posted by カエデ at 13:13| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする