2016年05月27日

色んなお散歩

昨晩から降っていた雨が上がったので、ルビーと一緒にお散歩行ってきました。少し歩いて近くにあったベンチに座りました。

”パンプの匂いの世界に気づいてから、わたしはときどき彼女を外に連れ出し、ただすわって匂いを嗅ぐことがある。また、匂いの散歩もする。このときは彼女が興味をし示すありとあらゆる目印に立ち止まる。彼女は「見て」いる。外にいるときは、彼女の一日のうちでももっとも匂いに包まれた素晴らしい時間なのだ。”
(pp.110-111)

この本の中に”石の勇敢な匂い”っていう表現があって、ああ犬達っていったいどんな世界を生きているんだろう、人間の言葉だけでは絶対に表現できない世界に生きているんだろうなあ。”情動を嗅ぎとる”って一体どんな感じなの?彼らが人の股間の匂いを嗅ぐのはおかしなことじゃないのね、^^;とか、色々考えながら座っていたら、遠くの方を今年の始め頃にワンコさんを亡くしたと言っていた人が歩いているのが見えました。なんと、私が知らないワンコさんと並んであるいてる。(!)
もしかして新しい子を迎えたのかも・・・そうなのかも・・!また保護犬さんぽいな、今度お散歩で会えたらいいなあ、会いたいなあ・・・。

160527_00.jpg

そこでふと我に返り、人間である私はやっぱり視覚の世界が頼りなのねと思ったのでした。
ルビーは新たに誕生したワンコさん&飼い主さんペアを見て、良かったな〜可愛いなってワクワクした私の匂いを嗅ぎ取っただろうか。

匂いの散歩、思考の散歩、犬を迎えるといろんなお散歩ができて楽しいですよね。

posted by カエデ at 15:36| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする