2016年06月12日

犬のハズバンダリートレーニング

チャーリードッグスクールの「犬のハズバンダリートレーニング」座学に参加致しました。ちなみに誰でも(一般飼い主でもトレーナーでも獣医さんでも看護士さんでも誰でも)参加できる座学です。

先生のブログ。
「〜嬉しい感情の貯金〜」
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2016/06/12/064953

ハズバンダリートレーニング・・・
検索して頂ければお分かり頂けると思いますが、日本語では主に「受信動作訓練」と呼ばれるもので、(主に動物園などの)動物たちが診察や診察の際の保定などをストレスなく楽に受け入れてもらえる様にするトレーニングのことを言います。

ただ、犬という生きものをよくよく観察してみると、ちょっと我慢させて歯磨きとか、ちょっと辛抱させてハーネス着用とか、人間が少々無理を強いても我慢してくれるというのが、古くから人と共に生きてきた彼らの特殊なところかもしれません。

猫だったら何かあった時大声で叱るなんてことはおろか、リードを付けること自体難しい子も稀ではないと思いますし、横を歩けとばかりにリードショック入れたりしたら本気で怒って腕にかぶりついてこちらが大怪我を負わされる・・・そして二度と近寄ってきてくれない・・・^^;
なんて事になりかねない、と思ったりします。(そんな猫のことも私は大好きなんですけど。^^;)

そんな、ある意味特殊な犬達ですが、彼らの中にも人間と同じで色んなタイプの子がいて、
色々きづいて気になってしまう繊細な子や、あまり細かいことは気にならないキャパの広い子など、色々です。
それに、我慢できる子だって、我慢させ続けているとある時我慢の限界が来るかもしれませんもんね。
だからこそ、どんなタイプの子でもみんな同じように我慢せず”楽みながら”いつの間にか保定や日々のお手入れが平気になる、むしろ楽しみになる、というようなトレーニングなら、犬達だけでなく飼い主である私たちにとってもそれはとても喜ばしいことではないでしょうか。

我が家の犬と猫(ルビーとチニタ)は、どちらも比較的大らかな性格な方だと思うので、私自身から何かをされるということは受け入れてくれやすいのですが、ルビーは一度抜歯を経験し、その直後から(痛かったのでしょうね)歯磨きが苦手になった時期がありました。
しかもその後耳も遠くなったのでクリッカー音も使えなくなったので、(生得的強化子である)おやつを食べさせながら歯磨き、というところに戻って、今は食べさせたり食べさせなかったりしながら、歯磨きをやっています。有り難い事に、ルビーは歯磨きが嬉しいままのようです。なぜそれがわかるかというと、私が歯ブラシを持つとすっ飛んできてくれるからです。

でも他に、ルビーに無理を強いてやっていることはないだろうか・・・。昨日の座学はこんな風に、ふと自分を顧みる時間でもありました。

160612_01.jpg
チニタとの遊び、名付けて”ベンツ”。^^;彼も喜んでいるようです。ゴロゴロ言ってるので。
歯磨きへ向けての遊びでした♪今もやってます。


とにもかくにも、まずは自分が犬に大好きになってもらうことが大前提のトレーニングだと思うので、そんな自分を作る事ができたら彼らと一緒に暮らす飼い主としては飼い主冥利に尽きると思います。
楽しく遊びながら犬達と仲良くなって、犬達の一生に訪れるかもしれない困難を、怖がらず怯まず力強く乗り越えて行ける自分を、これからも作っていきたいと思います。
posted by カエデ at 16:37| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする