2016年07月21日

世の中には良いものが沢山!作戦

前回の記事の中に書きました【世の中には良いものが沢山!作戦】とは、なんぞや?^^;

これこそがチャーリードッグスクールの”名前を呼んでおやつ”という取り組みによってつくられるもの・・・というお話しをしてみたいと思います。

ルビーと良い関係を作りたくて必死だった2009年頃に、CDS夏目先生の記事を前々年までさかのぼって読ませて頂いていたけれど、まだまだ”名前を呼んでおやつ”の意味がわからなくてもがいてました。
それでも「こんなんでいいのかなあ」と思いながら、^^;明るくルビーの名前を呼びながら彼女におやつをあげていましたね。その頃読んでいた記事。

●くどいようですが、名前を呼んでおやつ 
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2009/10/08/060000

その後お散歩トレーニングに参加しながら引き続き学び、”名前を呼んでおやつ”がポジティブな古典的条件づけのネーミングのことなんだということがわかって、名前以外の様々なものもワンコさんにとって”良いもの”にしていけるということがわかりました。

私の場合、私がルビーに”良い人”と条件づけられることも含めて”名前を呼んでおやつ”という古典的条件づけの取り組みだと思ったので、叱ることも一切やめました。

この取り組みで作った良い印象のもの(好子)を使って、嫌いなものも良いものに徐々に変えていくこともできます。
その辺のことを説明されている記事もご紹介させて頂きます。


●さらに、”名前を呼んでおやつ”のカテゴリーはこちらです。


犬や猫が生得的に好きなものの印象を、特に好きでも嫌いでもないものに条件づける取り組みとしての”名前を呼んでおやつ”。
そしてそうやって丁寧に作り上げた良いものを使って、嫌いなものまで良いもの(又は大袈裟に反応しなくても良いもの)に変化させることを目指す”名前を呼んでおやつ”。
(食べものが使えない場合には優しい語りかけやスペースを尊重してあげること、その動物種のシグナルを使う事も、彼らにとってはきっと良いものであると私は思っています。)

そして、その取り組みの中で作り上げられるワンコさん(猫さん)にとって最大級の良いものは・・・飼い主である自分、なんですよね。
犬や猫達の嫌いな物にも打ち勝つくらいの強力な良いものとして自分を作り上げることができる取り組みが”名前を呼んでおやつ”なんだなと私は思っています。

それがどんな時に自分を助けてくれるかということを、私は愛猫を見送った時に思い知りました。
【世の中には良いものが沢山!作戦】のヒントになる事が書かれていると思います。手前ミソですが、2012年の記事です。


今読むと、追記したくなることもあるけれど、でもあの頃の私でさえこの取り組みによってどんなに励まされていたことか。

こんな風に、”名前を呼んでおやつ”は、我が子を天国に送り出すその瞬間にも、暖かいものを心に抱かせたまま彼らを送り出すことができる希望に満ちた取り組みだと思っています。

その子に問題があるのどうの・・・という事ではなく、
その子を大切にしたい、という気持ちが取り組みを支えいつの間にか自分が変化して、そしてまたいつの間にかお互いの関係が変化してる。

”変化させるために取り組んだから”というのじゃなくて、気持ちの上の順序としては逆なんですよね。
取り組みを支える温かいものが自分の中にあってそれに気づいて突き動かされて、そしてそういうものが周りにも沢山あってそれらに勇気をもらって、そうやって進んで行くうちに色んなものごとが好転する。そういう取り組みだと思います。

私とルビーは関係が悪くなってから”名前を呼んでおやつ”の取り組みを始めました。しかもルビーは成犬でした。でもやりなおせた。
いつからでも取り組めるんですよね、取り組もうと思えば。

160721_01.jpg

「犬といつでもいつまでも」っていうのは、チャーリードッグスクールで教えて頂いた”名前を呼んでおやつ”という古典的条件づけの取り組みの経験を、自分なりに表現したものです。

真摯に取り組むことができれば犬とはいつからでもやりなおせるし、例えワンコさん(猫さん)が虹の橋を渡った後でも、彼(彼女)の事を思い出せばまるで彼らが側にいるかのように温かいものがあなたの心に甦るに違いありません。いつまでも、ずっと。

posted by カエデ at 17:11| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

「ルビーが不安を感じるとき」 ^^;


犬飼いさんだったら結構ご存知の方も多いと思いますが、テンプル・グランディンさんの「動物が幸せを感じるとき」を読み返しています。


テンプルさんのもう一つの著書「動物感覚」もオススメです。


牛や馬、犬や猫の目に、感覚に、世界がどんな風に写っているか、何が怖くて何が不安で、どんなことが落ち着くのかなどが書かれています。そういうことを知るのは自分と違う種の生きものと楽しく暮らす為のヒントになるし、新しい気づきもくれるし、ワクワクするんですよね。

私はこの本を始めて読んだ時、自分の子供のころを思い出しました。子供の脳って大脳新皮質がまだ十分発達していなくて、ある意味(人間以外の)動物に近いから、動物達に自分を重ねるのも無理もないと思ったし、自分の中に彼らと同じものがあるんだと思うと嬉しくて仕方ありませんでした。

「動物が幸せを感じるとき」の13ぺージ辺りから、アレチネズミの常同行動についての実験が紹介されています。

自然な環境下では穴やトンネルを掘って暮らしているアレチネズミを、土や砂のない研究室の檻の中で飼うと、”穴を掘る”ようなしぐさを常同的にする(常同行動)ようになる。この常同行動は、穴を掘りたいという生理的欲求のもとに行われるのか、それともそうではないのか。
そこで土の入った檻と、あらかじめ巣(穴)が出来上がっている檻を用意し、アレチネズミを入れました。
すると、、、

土の入った檻に入れたアレチネズミは土を掘って穴ができたら掘るのをやめ、
最初から土に巣が出来上がってる檻に入れたアレチネズミは、一匹も常同行動をしなかった。
という結果がでたのだそうです。

それを受けてテンプルさんがこう言っています。

この結果は穴を掘る動作の常同行動が、掘る欲求ではなく外敵から守られた場所に隠れる欲求から来ていることを物語っている。アレチネズミは、掘りたいのではなく、安全だと感じたいのだ。
(p.14)

これを読んで、私はルビーの留守番中の吠えに悩んでいた頃のことを思い出したのでした。

留守番中何時間でも吠え続けるルビーを見て、なんとかして吠えを止めなきゃ!って思ってました。
何はともあれとにかく”吠え”を止めないと、って。
でもそんな私はルビーの”吠え”にばかり注目していて、彼女の感情(どうして吠えているのか)というところまで考えてあげられていませんでした。

ルビーは吠えたくて吠えてたんじゃなくて、不安だったから吠えていた。つまり安心したいから吠えていた。
だったら、
「とにかくなんでもいいから吠えをとめなくちゃ」
じゃなくて、
「安心させてあげて」、その上で吠えなくならないと、根本的な問題解決にはならないのですよね。


なのにあの頃の私は叱ったりはぐらかそうとしたり、色々していましたね。^^;
ネットで色々調べると、コングにおやつを沢山詰めて置いていって上げましょう、と書いてあったりして試したけど、最初はコング見向きもせずに吠えてました。
不安でどうしょうもない時に「はいこれ食べて♪」って・・・。^^;
「いらんわーい!」ってなりますよね。^^;

「豚と人間の脳を解剖して、それぞれの脳の旧皮質を見くらべても、両者の違いがわかるのは専門家だけだろう。人間の脳は、豚の脳と比べると新皮質がはるかに大きいが基礎となる情動を司るのは新皮質ではなく、脳の旧皮質だ。
 人は精神的につらいとき、何とかしたいと思う - いやな気持ちを忘れていい気持ちになりたい。これは動物でも同じだ。」
(p.15 )

人間の情動と動物の情動を司る脳は似ている。
もし私が不安を感じていたら、優しいひとは「大丈夫だよ」って言ってくれるはずと思います。
ルビーもそれを求めていたんだろうなあ。

色々勉強してきた今、不安(から来る吠え)を叱るのは、コミュニケーションが成り立っていないだけでなく、ますます相手を不安にさせると思うし、
逆に諦めるまで吠えさせておくというのも、身体への負担や、学習性無気力になる可能性があることを考えると、どちらも”犬が安心する”ということとは程遠いんじゃないかなと思っています。

ルビーの場合、ケージでのお留守番を段々とフリーにしていったり、他の記事でも書きましたが、思う存分後追いさせてあげたり、【世の中には良いものが沢山!作戦】(とは呼んでいませんでしたが。^^;後日書きたいと思います。)などの様々な取り組みを並行して行う事で、お留守番中不安になるかもという私の不安^^;もなくなり、今ではきっと私の帰りを楽しみにしながら(大概眠りながら)待ってくれていると思っています。

160714_01.jpg


posted by カエデ at 22:52| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

犬の気持ちを知る手助けに

先日FaceBookにこんな投稿をしました。

 こんにちは。もうこんな時間。^^;昨日と打って変わって寒いくらいの埼玉です。
人間は大脳皮質が大きくても、自分を律したり抑制したりするのがなかなか苦手ないきものなんだなあと、、、感じる今日この頃。

動物にとって”恐怖”は生存に関わる感情だから、そういうものを避ける為に動物達はそれぞれの表現を身につけてきたんだろうと思うけれど、身近にいる自分の犬のそれにはやっぱり気づいてあげたい。

お母さん落ち着いて。なんだか怖いよ。不安だよ。

あの時あの子はそう言っていたんだなぁって。人と暮らしていくしかない彼らが、その”人”に対して恐怖や不安を抱いていたらどんなに生きにくいだろうか。
 犬のボディランゲージを勉強していくと未熟だった自分に犬達がそう語りかけていたことが後になってわかって胸が締め付けられるけれど、だからこそここから先は同じ過ちは繰り返さない。という前向きな自分を作っていきたい。
 人間である自分がそう考えることができるのはきっと大脳皮質のおかげ。^^;せっかく素晴らしいものを持っているのだから幸せの為に使わなくちゃね!

ルビーを迎えるまでに色んな里親会さんをネットで調べたり実際にお見合いをしていく中で、犬達がキツく叱られたりしている光景を沢山目にしました。
あのくらいのことが出来なければ犬を迎えられないんだ・・そう思って、ルビーを迎えた時にもそんな風に接している自分がいました。(自分の中にそういう支配的な種があったというのも事実で、今でもそういうものが出てこない様自らの社会化^^;にも取り組んでいるつもりです。)

でもそのうちどうにもこうにも息苦しくなってしまって方向転換。
方向転換した先で学びだした犬の学びの中で、犬達はボディランゲージで会話しているということを知りました。

そのボディランゲージの中でもトゥーリッド・ルーガスさんの提唱している『カーミングシグナル』はとても有名で、これらを知るといかに人が犬の言葉に気づかずに生活しているかがわかるようになります。


犬を早く走らせようと、あなたが飛び跳ねたり、大きな声を出したり、手を振りかざしたりすると、よくあることですが、犬は正反対の動きをしてしまいます。あなたを落ち着かせようとゆっくりとした動きをするのです。
(p.24)
こんな感じの内容で、犬との日常生活に生かせること満載の本なのでオススメです!

イライラしてつい怒った口調で犬の名前を呼んだり乱暴に接したりすると、犬達は上記の”ゆっくり動く”以外の動作でも私達を落ちつけようとしているそうですよ。
見えなかったことが見えるようになると色んな後悔が押し寄せますけど、同時に彼らの豊かな世界を知れたことで愛しさも増すから不思議です。身近なところにこんな知らない世界が広がっていたなんて、こんなに違う世界に住んでいる犬達がいつも人間の傍にいてくれたなんて、とっても不思議で感動しますよね。


160707_01.jpg
犬の先生に教えて頂いた猫のシグナル”まばたき”。
最初は触れることもできなかったチニタと、私はこの”猫語”で仲良くなっていったのでした。
距離があっても通じるからとっても便利です♪

posted by カエデ at 15:03| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする