2016年07月07日

犬の気持ちを知る手助けに

先日FaceBookにこんな投稿をしました。

 こんにちは。もうこんな時間。^^;昨日と打って変わって寒いくらいの埼玉です。
人間は大脳皮質が大きくても、自分を律したり抑制したりするのがなかなか苦手ないきものなんだなあと、、、感じる今日この頃。

動物にとって”恐怖”は生存に関わる感情だから、そういうものを避ける為に動物達はそれぞれの表現を身につけてきたんだろうと思うけれど、身近にいる自分の犬のそれにはやっぱり気づいてあげたい。

お母さん落ち着いて。なんだか怖いよ。不安だよ。

あの時あの子はそう言っていたんだなぁって。人と暮らしていくしかない彼らが、その”人”に対して恐怖や不安を抱いていたらどんなに生きにくいだろうか。
 犬のボディランゲージを勉強していくと未熟だった自分に犬達がそう語りかけていたことが後になってわかって胸が締め付けられるけれど、だからこそここから先は同じ過ちは繰り返さない。という前向きな自分を作っていきたい。
 人間である自分がそう考えることができるのはきっと大脳皮質のおかげ。^^;せっかく素晴らしいものを持っているのだから幸せの為に使わなくちゃね!

ルビーを迎えるまでに色んな里親会さんをネットで調べたり実際にお見合いをしていく中で、犬達がキツく叱られたりしている光景を沢山目にしました。
あのくらいのことが出来なければ犬を迎えられないんだ・・そう思って、ルビーを迎えた時にもそんな風に接している自分がいました。(自分の中にそういう支配的な種があったというのも事実で、今でもそういうものが出てこない様自らの社会化^^;にも取り組んでいるつもりです。)

でもそのうちどうにもこうにも息苦しくなってしまって方向転換。
方向転換した先で学びだした犬の学びの中で、犬達はボディランゲージで会話しているということを知りました。

そのボディランゲージの中でもトゥーリッド・ルーガスさんの提唱している『カーミングシグナル』はとても有名で、これらを知るといかに人が犬の言葉に気づかずに生活しているかがわかるようになります。


犬を早く走らせようと、あなたが飛び跳ねたり、大きな声を出したり、手を振りかざしたりすると、よくあることですが、犬は正反対の動きをしてしまいます。あなたを落ち着かせようとゆっくりとした動きをするのです。
(p.24)
こんな感じの内容で、犬との日常生活に生かせること満載の本なのでオススメです!

イライラしてつい怒った口調で犬の名前を呼んだり乱暴に接したりすると、犬達は上記の”ゆっくり動く”以外の動作でも私達を落ちつけようとしているそうですよ。
見えなかったことが見えるようになると色んな後悔が押し寄せますけど、同時に彼らの豊かな世界を知れたことで愛しさも増すから不思議です。身近なところにこんな知らない世界が広がっていたなんて、こんなに違う世界に住んでいる犬達がいつも人間の傍にいてくれたなんて、とっても不思議で感動しますよね。


160707_01.jpg
犬の先生に教えて頂いた猫のシグナル”まばたき”。
最初は触れることもできなかったチニタと、私はこの”猫語”で仲良くなっていったのでした。
距離があっても通じるからとっても便利です♪

posted by カエデ at 15:03| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする