2016年08月28日

私を真似してね、と堂々と言えるように

160828_01.jpg

連日の夏の強い陽射しに疲れた植物たちが昨日の雨の中でみずみずしく輝いていたので、縁側(・・じゃないけど。^^;)に座ってボーッとしていたらルビーが隣にきて同じ方向を見て座りました。ちょっとの間二人でベランダを見ていたんですけど・・・。

これって模倣してるのかな?どうなのかな?

私の犬の学校で「模倣学習」というのを勉強したので、自分でも色々調べてみました。
模倣学習とは下記の様なものです。


他個体(モデル個体)の行動を観察した結果、モデル個体と同じ行動をするようになることを模倣というが、観察という経験によって行動が変化するのであるから、模倣は学習の一種であり、模倣学習とよばれている。(p.164)
人間や類人猿などの高等動物に見られる”社会的学習”と言われていますが、社会性の高い犬も、この模倣学習をすると言われています。

dog actuallyの過去記事にもあったのでご紹介しておきますね。


この記事の中にある「Do as I do」ゲーム、出来たら楽しそうですよね。
私は時々ルビーのしぐさ(そっぽを向くとか寝転ぶとか)を逆模倣して遊んだりするんですけど、ルビーの頭の上に”!”が灯ったりウキウキ感が伝わってきたりして楽しいんですよね。

でもこの「Do as I do」、ゲームとして楽しむのもいいけれど、視点を日々の暮らしに移してみて、もしかしたら何気ない生活の中で犬達が飼い主である私達を模倣しているかも・・・と考えてみると・・・。

いつもバタバタ、ソワソワ落ち着かなかったり、彼らを大声で怒鳴ったり叩いたり蹴ったり、ものを投げたり、できないよね・・・と私は思います。

模倣学習って本当に侮れなくて、「ビジュアル図解心理学」(植木理恵著 )にはこんなことが書いてあります。

ビジュアル図解 心理学 -
ビジュアル図解 心理学 -

パンデューラは、幼児の前で大人がある人形に対して罵倒しながら暴力をふるうのを見せたあと、子供達だけで遊ばせて模倣的攻撃行動がどの程度起きるかを観察した。その結果、攻撃行動の回数が増えたのである。(p.86)

人間の言葉のわからない犬達にとって、私達の行動や様子、醸し出す空気や匂い音は重要な情報源だと思います。
言葉が分からないから、もしかしたら私が大きな声で怒鳴ったら、それは私が吠えている様に見えないかな?
家の中でいつもイライラして、夫にグチグチ小言を言っていたら彼女もピリピリイライラ落ち着けないかもしれない。^^;
私がルビーのリードをグイっと引っ張ってルビーが怖かったり痛かったりしたら、自分が攻撃されたと感じて、今度は彼女は何かの時に他のものをたやすく攻撃するようにならないだろうか。

一緒に暮らす伴侶動物としての彼らに、そんなことを教えたいと思っている人はいないのではないでしょうか。
犬達に穏やかに成長して欲しいと思ったら、穏やかな自分を示すのが彼らにとっては分かりやすいのかもしれません。そして更なるリラックスに導くためにユーモアも忘れずに。

ちなみに、ルビーが我が家に来た当初、色々と行動が迷走(リビング中に排泄したりとかあれとかこれとか色々^^;)していたのは、^^;私自身が不安そうにソワソワ落ち着かないで迷走していたからかもね。^^;
感情の伝播もあるかもしれないけれど、どちらだったかはわからない。どちらもだったかもしれない。
でもわかるのは、いずれにせよ私自身が落ち着くこと、そしていつも穏やかでいること。彼女がもし攻撃的な態度に出そうになったとしても、穏やかにでもしっかりとその行動を止める事。
そういう私である方が、ルビーは落ち着けたんだということは確かなことの様です。

いつでも
「私を真似してね」
って犬達の前で言えるように、日々精進なのであります。


posted by カエデ at 00:05| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする