2016年09月30日

ワンコさんと目くばせ♪

とっても涼しい一日でした。ルビーも明るい時間帯に外を歩ける。嬉しいな。

160930_01.jpg

近所のトリミングショップ。ワンコさん達はトリミングが終わると飼い主さんを待ってる間フリーになってるみたいで、ショップ内で小型犬さんがわちゃわちゃ遊んでいます。

そのお店のウィンドー越しに、ふいにワンコさんと目が合う事があるんですけど、私がまばたきするよりずっとはやく、猫みたいに目をほっそりさせてくれるワンコさんがいます。
私も伏し目がちにまばたきしてそのまま進行方向を向いて歩き去るんですけど、
「私、礼儀正しい犬らしく振舞えたかな?」
ってちょっと心が弾みます。

こんな静かなコミュニケーションを楽しめるなんて、犬を迎えた当初は全然知らなかった。

かわいい犬、かっこいい犬達にこっちを見て欲しい、触らせてほしい、抱っこさせて欲しい・・・それが出来ればなんとなく仲良くなった気がするかもしれないけれど、でももっと違うコミュニケーション方法が犬にはありますね。
それらはあまりにも人間のものと違うから最初はとても戸惑うけれど、でも逆に言うと、人間社会で人間のやり方で接せられている犬達も戸惑いや混沌の中にいるかもしれません。

前にもご紹介したことがあるトゥーリッドルーガスさんの本。
カーミングシグナル by.トゥーリッド・ルーガス (ads犬の本) -
カーミングシグナル by.トゥーリッド・ルーガス (ads犬の本) -

犬と暮らす人は、彼らと同じ言葉(人間の言葉=言語という意味じゃありません。)が使えたらきっと嬉しいって思うはず。彼らの気持ちを汲むことができるから。
犬に何かをして欲しい、させて欲しいという願いがかなうより、彼らが嫌がってるのか喜んでるのかがわかったり、彼らの言葉でまったりと語り合うことができる。そのことが私たちの心をポカポカと温めてくれることってあると思います。

posted by カエデ at 21:57| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする