2016年10月21日

”違いがわかる子”って呼んで

こんにちは♪
ひんやりした朝でした。ルビーも今日はマンション前の広場で走りまわってましたよ。夏の間ほとんと歩かなかったけどやっぱり涼しくなると楽になるよね。

161021_01.jpg
ルビ子さん、一時期心雑音疑惑がありましたが、改めて先生に伺ったところなんともないそうです。


晴れたから、それにここ数日暑かったから油断した服装でいたら肩が冷えちゃって慌ててペットボトル温灸しました。


我が家は犬にも猫にもやってあげてます。
特にルビーは後ろ足に関節痛がありそうなので、夏のクーラーの入った部屋でもやってあげていました。気持ち良さそうに溜息ついて眠りに落ちていくんですよね。

犬さんの中には、ペットボトルとか近づようとすると凄く怪しんだりする子がいますよね。違いがわかる賢いワンコさん。^^;
ルビーはこういうの全然平気なんですが、猫のチニタがちょっと面白くて、携帯マグのフタ(片手で開くやつ)をポンッ!って開けたら、それにビックリして逃げちゃったり、キッチンのシンク下の扉を開けたら慌てちゃったり、ジョーロのハスロを外したらギョッとしたり、それ見て私
「違いがわかる子来た〜!」
って思いました。^^;
床に置いてあった大き目の植木鉢の中からもひとつ鉢を取り出してもビックリしてたな。^^;
(今は平気になったものもあります。)
何かの形が変わったりするのにびっくりしちゃうのかなって思ってるのですがどうなんだろう?

動物がどんなものを怖がるのかということについては、何度もご紹介していますがこちらの本がとても参考になります。

動物あるいは自閉症の人が、世界の概念ではなくあるがままの世界を見ているということは、細部を見ていることを意味する。動物が世界を認識する方法について考えるうえで、このことはどうしても知っておくべき重要なことだ。動物は人間が見えない細部を見る。徹底的に細部にこだわる。それが鍵だ。(p.48)

金属やキラキラ光る水面の反射、柵にかけた衣服、床に落ちている小さなものなどなど。牛について書かれている部分ですが、ワンコさんでもそういう細かいところ気になる子っているなあって思います。
(ただ、この本に出てくる”犬の支配性(アルファやベータのなどの序列関係)”についての考察は、テンプルさんご自身この後の著書「動物が幸せを感じるとき」で考えを改められたのかなと思いました、というのを付け加えておこうかなと。^^;)

ワンコさんもびっくりして反射的に吠えちゃったり噛んじゃったりした時に
”もしかしたら怖かったのかも”って気づければ、次から刺激の調整を意識できるので良いですよね。

ちなみにチニタは私が部屋でヨガをやっても壁倒立しても^^;近づいて来てスリスリしてるので、私の形が変わるのは大丈夫みたいです。^^;
posted by カエデ at 12:58| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする