2016年10月25日

愛のもう一つの形

こんにちは。
朝晴れてたのにもう曇ってきた埼玉です。ベランダに干した洗濯もの、乾くというより冷えてきました。^^;

昨日のブログの最後に出てきた”愛のもう一つの形としての服従”。
その人のことが大好きで、”自ら”その人を助けたい支えたい従いたいと思う気持ち。(詳しく知りたい方は「犬の愛に嘘はない」をお読みください。^^;)

”自ら”というのがポイントで、服従心て人が無理やり育てようとして育つものではないんじゃないかなって思ってます。
服従心を育てなくちゃと無理やりひっくり返したりマズルを強くつかんだり、横を歩かせる為にリードをガンガン引いたり・・・を勧められたりすることっていまだに多いのかもしれませんが、でもそういうことで育つのは、服従心ではなく恐怖心や警戒心なのではないかなあ。
やりながら自分も傷ついちゃっている人って多いんじゃないかなと思ったりします。

”愛のもう一つの形としての服従”だから、
怖いから言う事をきく、という態度が服従だと思っているとちょっと違うかなと。

「人に足をかけるのは犬が自分が上になってるからだ」って言われやすいですが、これも甘えられる様になった、その甘えの表現が足をかける、だったりすることがあるんじゃないかなあ。

ルビーの場合は、人間から見たら”いたずら”にあたる、床に置いてあった私のカバンの中身を色々引っ張り出してみた、などがその表れ(甘えというか、気持ちがほぐれてきたという表れ)だったのだと思います。
心が自由になって色々やってみたくなった、という感じだったんじゃないかな。
そこで怒ってしまったらまた関係が崩れてしまうので、怒らずに淡々と片付けて、次からは穏やかに阻止を心掛けました。(この場合はルビーがそれを出来ない様に片付けました。)
「これはやらないよ」をうまく伝えてあげられる様になることも、犬からの信頼を得るコツなのかもしれません。
やらせておいて後から叱る(犬を怖がらせる、痛い思い、嫌な思いをさせる、)っていうのは、混乱の元ですもんね。

子供の頃怒られるのが嫌で、色々隠し事をして、でもそれがバレちゃって、
「怒らないから隠さず全部話しなさい」
って怒られたから次から全部話したら、やっぱり怒られた。
みたいな経験ありませんか?^^;
あの逃げ場のない閉塞感のようなものを犬達には味あわせたくないなあって思うのですよね。
猫様だったらイラっとしてその瞬間に「ミギャーーーー!」って倍返しされそうな気がしますよ。^^;

161025_01.jpg

ということで、そんな雰囲気を醸し出しているチニタの写真を選んでみました。^^;(本当は怒ってるんじゃないですけど。^^;)

posted by カエデ at 13:53| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする