2016年11月01日

身体からのアプローチ

こんばんは。
なんと、今日から11月でしたね!
今日は朝からルビーの病院行ったりバタバタしてました。ヘルニアのお薬変わって、またしばらく様子見です。
今日はずっと曇りで夕方チラッと晴れたけど、今はなんだか冷たい風が吹いてきましたよ。今夜も冷え込みそうだから温かくして寝ないと。

もう大分前、私がちょっと沈みがちな時にお薦め頂いた本です。

マンガなので読みやすいです。(笑)
やる気や元気のスイッチをどうやって入れるか、みたいなことが書いてあります。
やる気が出ないからできないって、人は思いがちだけど、まずそうなるような体の形を作ると気持ちがついてくる、みたいな感じかな。

心が豊かになるようなものを接種する^^;(自然に触れるとか本を読むとか、映画を見るとか音楽を聴くとか、)のも大切だけれど、そういうことさえ出来ない様な時、身体側からのアプローチもいいんだなってちょっと迷路から抜け出せそうで嬉しかったな。
それに、私はこれ読んだ時、小さい頃なかなか笑顔になれなくて、笑顔を作る練習したのを思い出しました。ナチュラルボーン・能面だったので。^^;お陰様で自然と笑う事ができるようになりました。^^;;;(ちょっと違う?笑。)

「あれかこれか」ではなく「あれもこれも(大事)」という言葉とも繋がる本でした、私としては。
形だけ作ればいいわけじゃないけれど、そっち方面からのアプローチもできるよ。(勿論感情は大切にしながら)、という感じで受け取れたんですよね。

犬と暮らしていると本当に自分を省みる事が多くて。
勿論犬の欲とは何かとか、犬達の言葉(ボディランゲージ)、感情、学習など、犬の習性についての色々を勉強することがまず大切だけれど、でもそれに対応できる自分をつくることも同時にやらないと知れたことを生かせないから。
だからあれもこれも。

でも犬にとって好ましい人間になろうとがんばっていたら、逆に自分が生きやすくなった・・・な。
犬達は穏やかで明るい人が好きだから、そうなろうとしたら幸せになるのは当たり前なのかもしれませんね。感情のまかせるままに生きるより、自制出来た方が幸せなのは人も同じなのかなと思います。

と散々自分や犬のことを書いておいて最後は猫の写真で終るという。^^;

161101_01.jpg

風邪が密かに流行ってるみたいですね。みなさまご自愛くださいね!

posted by カエデ at 19:00| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする