2016年11月03日

ルビー、初の抱っこ散歩♪

こんにちは♪朝から太陽の陽射しが見られて嬉しい祝日になりました。

ルビーの腰の調子はまだ万全ではないのですけど、先生からあまり歩かせないのも筋肉が落ちちゃってよろしくないので、様子見つつ少しずつ歩かせてあげてと言われたので、今日は近所の公園まで抱っこで行って、園内を少しだけ歩きました。

161103_01.jpg

抱っこ散歩。パピーを迎えられた方はしたことあるでしょうか。
ワクチネーションの関係で、本当は外の色んな刺激に慣れやすい時にお散歩にいけなかった為に、色々警戒しやすくなってしまうワンコさんもいるかと思います。そういうことの予防として、抱っこ散歩をできるといいですよね。
もしすでにそういう時期を過ぎてしまっていたとしても、今からじゃどうにもならないという訳ではなく、社会化を意識してワンコさんに対する事で、関係はいつからでも取り戻せるんだって、ルビーやお仲間さんから教えて頂きました。

抱っこ散歩で大切なことは、抱っこする人が犬さんにとって信頼できる人であるかどうか、ということかなと思います。
昨日のお散歩トレーニングで社会化ということについてまた改めて考えたんですけど、未知の世界に一歩を踏み出す時、大切なのはその世界でちょっと嫌な事に出会っても帰ってその気持を癒せる場所(=飼い主さん=母犬のような存在)があるかどうかなんじゃないかなと思っています。
だから、私達飼い主は、ワンコさんがどういう動物で、どんな人のもとで安心できるか、自分を抑制できるか、母犬はどんな風にして子犬達を教育するか、ということを学ぶ訳ですが、それが犬飼いとしてのひとつの楽しみでもあるよね!とも感じています。だって、どんどん自分が変われるわけですよ、これってワンコさんの力でもあるんじゃないかなって思ってます。

ルビーを抱っこ散歩しながら、私達、パピーの彼女を知らないから抱っこ散歩もしたことないけれど、こうやって身を任せてもらってお散歩できる関係になれて本当によかったなって感じました。
社会化を意識しながらワンコさんと一緒に生活することが、実は彼らと穏やかに共に生きる近道なんじゃないかなって感じています。

161103_02.jpg

それにしても、以前は毎朝の様に訪れていたこの公園、久しぶりに来てみたら木々や草が大きく育っていて凄く元気を貰えました。毎日訪れていたらわからないかもしれないし、そのただ中にいると気づきにくい成長だけど、きっと私達も少しずつ少しずつ成長しているんですよね。周りにいる人の方が見えているかもですね♪


posted by カエデ at 15:25| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする