2016年11月04日

犬って舐めるの?

こんばんは。埼玉は暖かな一日でした。
ベランダのミセバヤもどんどん咲いて、なんだか美味しそうです。(笑)

題名の「犬は舐めるの?」ですが、
そりゃあ犬は舐めるよね、人の顔をベロベロ嬉しそうに舐めるし、うちなんて猫のチニタでさえ私の顔を舐めてきて感極まって鼻やら顎やらをガブって咬まれる事もあります。^^;

・・・という”舐める”の話しではなく。^^;

161104_01.jpg

今ちょっと「支配性理論」について調べていたのですが、簡単に説明すると、
「犬の祖先であるオオカミの群れには、群れを安定させる為に階級制度があって、強いものが上位に弱いものは下位に位置し、上位のオオカミは下位のオオカミにその座を奪われない様に力で制裁を与える。」
という考え方が「支配性理論」と呼ばれています。

この理論、不自然なオオカミの群れの実験から導き出された古い理論なので、犬のトレーニングなどでは否定され始めて・・・どのくらいでしょうか。




「動物が幸せを感じるとき」の中では、J・デイヴィッド・メック博士が、これまで支配性理論の元となっていた実験用の寄せ集めのオオカミの群れとはちがって、自然のオオカミは家族単位で暮らす、という研究結果を1999年に発表した・・・とされていますが、そうすると「支配性理論」が覆されてから17年くらい経つということでしょうか。
ただ、「犬はあなたをこう見ている」によると、どうやら新しい科学の考え方が受け入れられるには20年はかかる、と言われているそうなので、あと3年くらい?^^;。

でもふと思ったんです。

「支配性理論」なんて言葉は知らないけれど、自然と

「犬に舐められるから/舐められないようにしなくちゃ」とか
「犬が上になっているから/飼い主が上にならなくちゃ」とか
「犬は人が上に立った方が幸せなんだ」とか・・・。

思ったり言ったりしてしまっている人がまだいるんじゃないかなって。
そしてそれを”しつけ”として犬に恐怖や苦痛を与える言い訳にしてしまっているんじゃないかなって。

これをしていて犬との関係が良くなることってないよね、って勉強してきて思うようになりました。
一見人の言う事をよくきくようになるワンコさんはいるかもしれないけれど、それは一見そう見えるのであってワンコさんの心の中はどうかな。
飼い主さんのことを
「この人の声をききたい。この人の匂いが好き」
って思ってくれているかと言ったら、そんなことはないんじゃないかなと思います。
それに、力でねじ伏せる、をしていたら、どこまでも抵抗する子もいるかもしれないし、それを模倣する子もいるかもしれないしで、問題がこじれてしまうことの方が多いんじゃないかなと思うようになりました。

オオカミの群れの実験の設定が間違っていたということが浸透して「支配性理論」という言葉はなくなっても、この理論の中身だけ残っちゃったら嫌だなあ^^;って、色々調べていて思ったのでした。
大切なのはそういう感覚・・・支配的な感覚を人側が捨てられるか(自分で抑制できるか)どうか、なんじゃないかなと思ったりしています。




posted by カエデ at 19:00| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする