2016年11月06日

保護犬さんの問題行動?

こんにちは。
今朝も晴れて気持ちの良い日曜日になりそうですね。
ベランダのミセバヤ、花も可愛いけれど葉っぱも赤く色づいてきてとても綺麗です♪

161106_01.jpg

昨日ひとつ書き忘れたなと思ったことがあったのですが、犬が人をなめる、なめないのお話し。これって、パピーや思春期のワンコさんだけじゃなく、もちろんどんな年齢のワンコさんでも、そして途中から一つの家庭に迎えられた保護犬さんにもあてはまる話しなんじゃないかなっていうのを書いておきたいな・・・と思ったのでした。

ルビーも元保護犬ですが、最初の頃、部屋の中では始終私の後を追ってました。心細かったのだと思います。
そういうのが無くなったころだったか、同じころだったかは忘れましたが、今度はリビングの床中におしっこしてまわる、ということが出てきました。

後を追って始終飼い主の様子を見ている犬を「犬が監視してる」みたいにとる人がいるかもしれませんが、これもまた犬が上になってるっていう感覚と近い気がしますよね。
そうではなくて、ルビーは不安だった、頼りになるものを探していた、または私や自分がいる環境を観察していたのかなと思います。犬って観察学習しますもんね。ということは、むしろ”私は安定している人、安心できる人”をルビーにそれとなくアピールするチャンスだったんだ、って当時を振り返って思ったりします。

リビングの床におしっこしてたのは、私に対するいやがらせをしていた訳ではなくで、私がいちいちそれに反応していたからなんだと思います。(反応が返ってくるのが嬉しい。)
こういうのを厳しく罰してしまって犬達からの信頼を損ねないようにしたいですね。

お互いまだ慣れない環境で、第2(第3、またはそれ以上かもしれないけれど)の犬生を送り始めた犬さん&飼い主さんのことを心から応援したいです。
今日もあと半日。素敵な日曜日をお過ごし下さいね♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 12:00| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする