2016年11月10日

犬だから

こんにちは。お昼過ぎまで太陽見えていたけど今はすっかり曇ってくら〜くなってきました。
ルビー、家の中でのノーズワークを元気にやってます。

161110_01.jpg
腹巻は100均のネックウォーマー。^^;

題名の「犬だから」。
「犬だから」という言葉、使う内容によってはかなり違う意味になって来ちゃうんじゃないかなとふと思いました。

犬の習性や身体の構造、それに何が怖くて何が苦しくて何が嫌いで、そして何が嬉しくて何が好きか、ということを思いやった上で発する
「犬だから」
という言葉と、
その反対に、犬が怯えても怖がっても嫌がっても、「犬だからこのくらいやっても平気」と罰を与えたり、「犬だから人の下に置いてあげた方が幸せ」と古い理論(パック理論とかドミナンス理論と呼ばれるもの)に当てはめる理由として使う
「犬だから」
という言葉には、大きな隔たりがあるなあと思いました。

恐がってる犬を「NO!」って叱ったり、飼い主を守ろうとして吠える子にリードショック入れたり、脚側歩行を教える為にぐいぐいリードを引いて首を絞めつけたり・・・。人間には出来ない様なことを犬だからと言って彼らにしてしまっていることがないだろうか。
どこかで「犬だからいいんだ」って思ってしまってないかな。

一緒に暮らしたいと思って迎えた犬だから、その種を知る楽しみを味わいたいし、そうすると何が古くて間違っていて何が新しくて犬達の為になるのかに気づけると思います。

・・・というか、沢山の人が気づけるように、発信がんばっていきたいです!^^;
だっていまだに「犬がこうこうこうするのは人を下に見ている証拠」とか「人が犬の上に立たないとうまく共存できない」とかいう記述を見るので。
”犬が人を下に見てるから”というものにあてはめてしまえば楽かもしれないけれど、犬の行動の理由はシチュエーションや個体や年齢によって変わってくる(=理由は一つではない)と思うので、もっと深く犬という動物を知ろうとすると新しい世界が開けて楽しいと思います。

言葉を話せない種の違う生きものとの生活を引き受けたのだから思いやりをもって接したいですね。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 15:54| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする