2016年11月19日

犬と猫、同じなのは・・・

こんばんは。寒い一日でしたね。チニタは変形してちょっと潰れたパイナップルハウスがお気に入りの様です。^^;
161119_01.jpg

犬と猫。全然違う動物だから習性も全然違くて。
だから私達人間が彼らと一緒に暮らすとしたら、ハード的な環境は、犬猫全く別のものを整えてあげる必要がありますね。

猫のトイレと犬のトイレは違うし、猫には高いところが必要だけれど犬にはそんなこともなく。犬に猫用の爪とぎは必要ないですし。

でも同じだよね、って言いたい部分も沢山あって。それってソフト的な面ってことになるのかな。そう、結局こちらの接し方の部分が同じというか。”同じ”っていうのは”彼らがどう感じる接し方をするか”ということが同じ、という意味で。

さっきCDSの座学資料をひっくり返して色々調べていて、”嫌な接し方をしない”っていうメモが出てきました。

”嫌な事をしない”というと、何もできなくなっちゃう気がしますが、
”嫌な接し方をしない”だと、いきなりとか無理やりやったら嫌になってしまうかもしれない事も、こちらの接し方次第で出来るようになる気がするな、って思いました。

だから、「爪切りするよ〜」て言いながら逃げる猫や犬を追い掛け回すのは違くて、^^;大好きなものと爪切りを一緒に登場させたり、嫌になる前にやめたりすればよい訳で。だから叱ったりして飼い主である自分自身が嫌われることはも避けたいですね。飼い主がきらわれちゃったら何もしてあげられないですし。何かしそうな(信用できなさそうな)飼い主・・・と思われないよう、犬猫達の警戒をといてリラックスしてもらえる存在になりたいなと私自身思っています。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:10| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする