2016年11月24日

攻撃性〜CDS座学に参加しました

こんばんは。54年ぶりの11月中の雪、というのが降った埼玉です。雪は好きだけど寒いと体が眠ろうとするのでそれに抗うのが大変です。

161124_02.jpg
ルビーとチニタもホットカーペットの上でくっつき気味で寝ています。

昨日はチャーリードッグスクールの座学に参加いたしました。テーマは「攻撃性」。

噛み(甘噛み以外の噛み)や吠えの問題などを通して、犬達が社会の中で快適に生きていく為に飼い主として、また犬の世界に関わる人間としてどうしたらいいかということを考えた一日でした。

彼らがこの社会で幸せに生きていくための、社会化の担い手である私達飼い主。

例えば犬は自分と他者との距離感を凄く気にする動物だから、自分のスペースを侵害されたら怒るもの、かもしれません。このスペースの概念は、知っておいた方が断然犬達の味方になれるだろうと思うけれど、
でももし自分のスペースを守る事が当然として、それを主張して他者に吠えたり噛んだりしたら、その行動は社会的に見てどうかな?とか、そういう生き方は犬自身生きにくいのではないか?ということを考えていました。

犬ってどういう動物なの?ということをまず知る事や感情を慮ることはとても大切でそれが大前提。
でも、感情は大切だけれど、感情のままに生きるのは辛かろう・・・。
というのは自分の事として考えてみてもそう思います。特にネガティブな感情に流されるままなのは生きにくいですもんね。

いけない行動を止める、という意味では、今は吠えの問題を抱えていない我が家にも無関係なことではありません。唸ったり噛んだりという行動に対してだけでなく、トリーツポーチに鼻を突っ込むもうとしたり、拾い食いをしようとしたりすることにも、「それはしない」をリードを止めたり、声をかけたり、体に触れて(叩くのではなく)止めたり、スペース(見えないけど^^;)をつめて穏やかな圧をかけたりして、わかりやすく止めて行かなければならないのだと再確認しました。
ルビーは猫糞が好きで、^^;チニタがトイレでうんちをすると、眠っていても起き出して鼻を宙に向けどっちのトイレからその匂いがしてくるのかを確かめます。^^;トイレに向かおうとしたらしっかり止めて行かなくては。(すみません、こんなネタで。^^;)
でもこの些細な事もできなければ、もし吠えやすい子を迎えていたら私もきっとその子の吠えという行動を止めてあげられない飼い主になってしまうのでしょう。

”叱らないと言っても行動を止めさせない訳ではない”という事を、夏目先生は以前からしきりに書かれたいたのを思い出します。

彼らが警戒心を抱かない接し方を心掛け、遠慮なく体に触れたり、声や体での介入を喜んで受け入れてもらえる様になる為に日々をリラックスして過ごし、でももし行き過ぎた行動があったら、「それは違う」と堂々と行動を止め(堂々と罰するのではなく)、それが出来たら「すごいね」ってしっかり伝える。それが出来て初めて「何かあったら飼い主に任せておけばいい」と犬が思える私になれるのかな。

以前「のうだま」という本をご紹介した時にも思ったけれど”感情も行動も”ですね。
古い脳も新しい脳も大切。
やっぱり偏らずに”あれもこれも”精神が大切なんだなって改めて思った座学でした。がんばろう!
161124_01.jpg
これは今朝の写真。今夜は放射冷却で冷えそうです。ワンコさんもニャンコさんも飼い主さんも、
暖かくしてお休みくださいね。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:35| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする