2016年11月26日

”しつけ”と言いながらいじめていませんか?

犬達のボディランゲージ。昨日のお散歩会で犬達と一緒に歩きながら色々考えてました。

代表的な”カーミングシグナル”と呼ばれるものから、それ以外の様々な犬達の感情を代弁してくれるもの(耳が寝るとか前を向くとか、シッポの動きもそうだし、定位反応も)まで、犬達はいろんなことをその体全体で語ってくれているのだと思います。私達人間とは違う言葉を持っている、という感じかな。
だから彼らの言葉を理解しようと努めると、様々な事が腑に落ちたり理解できたりしてくるのではないでしょうか。私もまだまだ感じ取れないことが多いのですが、わかりやすいものから意識してみようとするだけでも犬に対する自分の中の印象や姿勢がガラッと変わると思います。


161126_01.jpg
フレブルのひじきちゃんとMダックスの凛くんは、遠距離でシグナルのやり取りしていたように思います。

彼らのその言葉を無視するような罰(無理やり脚側につけようとして首にショックをかけたり、まだまだ小さなパピーを無理やりひっくり返したり・・などなど)はやめて、ぜひ異文化を楽しむ、という姿勢で犬達と接してみませんか?
彼らの言葉を無視してネガティブな刺激を与え続けると、彼らはその言葉さえ使うのを止め、パニックに陥ったり心のシャッターを下ろしてしまったり(一見大人しく従順になったように見えるかもしれませんが犬は寂しいと思います)してしまうかもしれません。

私にとっても犬という生きものとの暮らしは、最初は戸惑いの多いものでした。でも戸惑うのは犬達も同じなのですよね。戸惑いを罰してしまって彼らの心を折ってしまうことのないようにしたいです。

飼い主さんの中にはきっと「あなたがそんなだからいけないんだ」なんて言われて、凹んでしまった経験のある人が沢山いらっしゃるのではないでしょうか。未熟さを責められることの理不尽さ、辛さ、それによる混乱をわかっている人は沢山いるはず・・・。犬もきっと同じなんじゃないかなと思ったりします。

リラックスしている時に「いい子だね」「すごいじゃん」「かっこいい!」って声をかけ、それらの言葉を彼らの良い感情を引き出すアンカー(きっかけ)としてどんどん使って行きたいです。良い感情が引き出せればそれは幸せとつながったということになると思うし、パニックからも救ってあげられるかもしれません。パニックから戻ってきた彼らにきちんと正解を伝える時にもこれらの言葉が使えます。
そんな取り組みを私もずっと続けています。ポジティブな取り組みなので途中少し間違っても、大きな間違いに発展しにくいので犬達との関係がこじれまくるということは無いと思います。そして何より毎日が楽しくなりますよ♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 12:00| Comment(0) | パックウォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする