2017年04月13日

犬達の社会化期

こんばんは。
ルビーの若い頃の写真を見ていたら、先代猫のフーラと一緒にいる写真を見つけました。フーラは病弱で大人しい女の子で、ルビ子はこうやっていつも世話を焼いていました。ルビーが我が家に来て1年3ヶ月、フーラは丁度1年くらいの写真かな。
170413_01.jpg

ルビーが私の元に来たのは推定3歳くらいの時で(その頃は推定7歳と言われていましたが、まさかそれはないだろうと。^^;)、だから彼女の子犬時代、そして社会化期がどんなだったかは私は知るよしもないのですが、どんな風だったのかなあ見て見たかったなあと思うほど、我が家に来た頃から彼女はとても落ち着いた犬でした。

落ち着いた犬・・・だったけれど、勿論当初の私はそんなことに気づく余裕もなく、留守番時の吠えや部屋中に粗相をすることで困っていたのですが、それが全て色々やり過ぎていた私自身(失敗させておいて叱ったり、あれこれ干渉し過ぎたり)が原因だと知って、あれは彼女にとって、というより犬としてそして生きものとして当たり前の行動だったということに思い至り、今はもはやあれが問題行動だったとは私の中では思えないのです。

犬たちにとって大切な社会化期。
ペットショップからきた犬達は、恵まれた環境で社会化期を過ごすということが難しいですよね。流通に乗せる為に早い時期から母犬や兄弟犬から離されてしまうから。犬同士の関わり方を学んだり、悪戯を母犬にたしなめられることもせず、またブリーダーの元で人に十分社会化されないまま新しい家族のもとに来た子犬達は、私達飼い主からそれらを教わる必要があるのだと思います。
だから、私達は犬を勉強して、彼らが当たり前に経験すべきだったけれどもそうできなかったことを与えてあげる必要があるのですよね。(本当はブリーダーの元でそれらを経験できる環境を、この日本に整えてあげる方がずっと犬達も私達飼い主も平和に暮らせると思いますが。)

人間は自分を虐めたり脅かしたりする存在ではないこと。
その人間(と自分)が住む世界もそんなに嫌なものではないということ。
お散歩で会う他の犬も、そんなに大騒ぎする存在ではないこと。
大騒ぎにならない為にも犬同士の本来の関わりあい方(相手のスペースを尊重するとか、近くに寄ってしつこく匂いを嗅がなくても遠隔でシグナルで会話すれば満足できるとか)、などなど。
あ、あとは弱い者いじめや俺様的振る舞いはしちゃいけないこととか。^^;(抑制ですよね。)

犬たちが知ったら穏やかに暮らせるだろうなあと思うあれこれは、ほおっておけば彼らが勝手に学ぶというものばかりでなく、私達飼い主がそうだと示してあげる必要があると思います。

だから私達が犬を学ぼう。
特にこの日本で暮らす犬達との接し方を学ぼう。

ということで、こちらの本をご紹介します♪


日本の犬達の置かれた現状と、彼らの一生続く社会化の為に、私たちが犬達の前でどうふるまったらいいのかなどのヒントが沢山ちりばめられている本です。



子犬の社会化期やスウェーデンのブリーディング事情など、日本の犬には実現でき(てい)ない大切な事柄が沢山載っています。


知る事できっと気持ちが楽になり、力を抜いて犬育てに向かう事ができるようになると思いますよ♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:00| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする