2017年04月27日

練習だと思っていたけど

昨日はモフモフさん(ハク母さん)のお散歩トレーニングに参加してきました♪

道満グリーンパーク、繊細な色合いの新緑に包まれてとっても優しい空気が流れていましたよ〜。

170426_01.jpg

気温が低めだったのでルビーも連れて行こうか悩みましたが、風が強くて気圧も急降下中だったのでやっぱりやめておきました。

昨日は「名前を呼んでおやつ」「ノーズワーク」「オンリードのおいで」について説明を頂き、それぞれ自分のワンコさんとやってみたりしました。

私は単独参加だったのに、なんとデモをやらせて頂きましたよ。
もちろんエアーで。(^-^)/

数年前は人前でルビーとデモをするなんてハードルが高過ぎてできなかったことなのに、上手く出来なくてもやったことを誉めてもらい続けた結果・・・

なんということでしょう。今では相方がいなくても素知らぬ顔して出来るようになりました。(笑)

170426_02.jpg

もともと人前で何かをするということが得意ではない性分の私ですから、「名前を呼んでおやつ」のデモは、家で何回も練習してから散トレのデモに臨んだなあと、昔を懐かしく思い出したりしていました。

出来る所で練習・・・。
例えばまずお風呂に入りながらブツブツと説明の練習をして、部屋の中でルビーと一緒に練習して、お散歩前に玄関で練習して、お散歩の途中の公園で練習して、と、徐々に色んなところで出来るようになってから散トレでトライしました。

170426_03.jpg

でもある時気づいたんですけど、お風呂やお散歩でやってみることを”練習”だと思っていたけど、本番の一部みたいなものでしたね。

その取組み自体が生活の一部となるようなものであるから、というのもありますが、もひとつ違う視点から見ると、みんなの前でやろうと思ったら、”出来る環境で何回もやってできた”っていう経験があった方が、他のところでも同じようにできる可能性が高いですもんね。

そして”出来る環境でやる”時は、落ち着いて楽しくできるから、というよりむしろ楽しく取り組むを意識するから、別の環境でやってもその時感じた”楽しい”とか”リラックス”した感じが蘇ってくる・・・つまり本番でも楽しくリラックスしてできる、ということに繋がるんじゃないかな。
だから練習と思える下準備の段階から全部ひっくるめてを取り組みって言うんだな、とつくづく思ったのでした。

昨日の私、ルビー抜きでやった「名前を呼んでおやつ」でしたが、
「名前を呼んでおやつのデモをします」
って言った瞬間、ルビーと一緒にやっている時と同じ”幸せスイッチ”が入った様な気がしましたもんね。

犬達もきっとそうかもですね。
家の中で出来ない事は外ではできなくて当たり前かもしれませんね。


170426_04.jpg

昨日、デモを一通り終えて、ハク母さんに
「ルビーちゃんが見える様でした」
って言って頂いた瞬間、とっても温かい気持ちになって、バーーーッと上に書いたような事が頭の中を駆け巡ったんですね。
ルビーと散トレにまつわるあったか〜い記憶がバーッとよみがえったのでした。だからその後もずーっと、いつにも増してあったかくて優しい気持ちのまま、お散歩トレーニングの時間を過ごす事ができました。感謝の気持ちでいっぱいです。一晩明けてもあったかい気持ちが続いているので、凄く長持ちな(笑)幸せ気分を頂いたみたいです。

そんなわけで、夏休み前のお散歩トレーニング、とても楽しく過ごす事ができました。ハク母さん、今回も遠いところからお越し頂き、ありがとうございました!ご一緒したみなさんも素敵な時間をありがとうございました♪
また秋からも引き続き宜しくお願い致します!




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 16:14| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする