2017年05月04日

CDSリードワーク座学に参加しました♪

こんばんは。今日はチャーリードッグスクールのリードワーク座学に参加しました。

犬達のQOLを高める為の環境エンリッチメントの中でもひときわ大切なお散歩。そのお散歩で私たちは彼らをリードで繋がらなければなりません。
その時、自分のリードワークの未熟さのせいで犬たちのフラストレーションを招き、過剰な吠えや突進を引き出してしまっているとしたら・・・?

今日は沢山動画も見て、自分のリードワークを振り返ってみましたが、
犬達は「それ居心地悪いんだけど」って言っていたのね、思いました。^^;

そして多くの犬たちは多少居心地悪くても我慢してくれていたのね、ということもわかりました。
ああ・・犬達の方が成熟しているんだな、とさえ思います。冗談抜きで。

自分の未熟さが浮き彫りになると、長く一緒に暮らしているルビーにはなおさらそれを感じ反省と感謝の気持ちと・・・そして尊敬の念が込み上げてくるのですね。
犬は本当に寛容で、許されているのは人間の方なのだなと。
だからいつまでもそれに甘えずに、自分が成長してどんなワンコさんにも「この人とお散歩してると凄く心地よいな」って思ってもらえるようになりたい!

170504_01.jpg
今日活躍してくれたでっかいトルソー。名前はわかりません。^^;

リードワークの動画を見ながら、先生がなぜそうしているのか、どこでリードをどのくらいゆるめているのか(端からみると緩んでないように見えることもあります)、そのあと犬が先生のあとをついていくのはなぜか、先生が犬のこちら側を歩かず反対側を歩く選択をしたのはなぜかなど、細かいポイントを教えて頂くと今までと全く違う世界が見えてくるようになります。

犬たちが苦しくない身体を傷めない止め方や、リードをゆるめて犬に動いてもらう技術(リードを引いて合図を送ってから緩めるのではないですよ)を学んでいるんだけれど、それ以前の犬との関係(犬に好かれる動きができるか)がこれまた大きなポイントで。
そしてそれは彼らとの生活全般のヒントになるもので。

犬のボディランゲージを真似して犬と通じ合えるってことは、私たちのような犬好きな人間にとってはこの上なく嬉しいことです。そう思いませんか?
ぜひみなさんも犬に心地よいリードワーク、一緒に学んでみませんか?
チャーリードグスクールの情報はこちらからどうぞ♪






応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:39| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする