2017年05月17日

”叱らない”はリードワークでも

こんばんは。今日はチャーリードッグスクールのリードワーク・ワークショップに参加させて頂きました。

170517_01.jpg

犬とのお散歩は文字通り”犬達の為のお散歩”。
その為のリードワーク・ワークショップ。

何度参加させて頂いても新たな気づきのあるワークショップです。
多分従来の犬のトレーニングをイメージして参加されると色んな意味で^^;びっくりするような内容だと思いますが、でもこれをワンコさんを迎えた時から意識していれば、彼らとの生活がもっとスムーズに行ったのではないかと思う方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。そのくらい、犬のトレーニングの世界では異質なものなのだろうなと今日改めて感じました。

でも参加されるとわかると思います。ワンコさん達が生き生きとしていることを。(もちろん飼い主さんも♪最初戸惑いがあってもきっと生き生きしてきます。)

オンリードでも犬がオフリードのような感覚で歩けるように、私達飼い主が勉強する場所なのです。
でも犬達がリードをつけてお散歩することは、普段の生活の中の一部なので、リードで繋がっていない時から”叱らない”を実践するところから始まるんですよね。
私とルビーの関係も、私が叱るのを止めた時から新しいスタートを切ったと思っています。本当にそうなんです。もし今までご自分のワンコさんを叱っている方がいたら、それを止めるだけで彼らとの関係がガラっと変わるはずと思います。(なぜなら叱りは彼らを怖がらせたり不安にさせたりするものだから。)

そして、その”叱らない”の延長線上にリードワークもあるんだなって、今日は強く感じました。なぜなら私は今まで自分が意識しないところでリードワークで彼らの事を叱っていた(不快な思いをさせていた)ということがわかったからです。

叱る事を意識的にやめ、更に無意識でやってしまっている”叱り”も修正できるように。そうすればもっと彼らの信頼を得て、彼らと調和しながら生きていける。そういう希望が見えてくる場所です。

170517_02.jpg

犬達の、人間から見て困った行動を引き出しているのは自分だったんだ!って気づいた時の衝撃^^;と共に、なぜか自分の中に明るい光が差し込む、不思議な瞬間がこのワークショップにはあります。
自分は今まで間違っていたけど、修正すれば彼らの笑顔が見られるって確信できるからかな。

リードワーク・ワークショップ、夏の間はお休みですが、秋からまた単発で開催して頂けるようです。また座学なども随時開催されていますのでご興味あるかたはぜひ一緒に学んでみませんか?きっと新しい世界が見えてくると思いますよ♪





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:56| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする