2017年07月01日

絶対の安心


こんばんは。
昨日、今日ともの凄い湿度でしたね。少し動くと汗がドッと・・・というよりジットリでて気持ち悪いし、ほんとうに過ごしづらい季節です。身体を冷やさないように気をつけたいですね。
犬達も、特に老犬さんはこういうお天気は気になりますよね。

170701_01.jpg

それでもルビー(推定15才)はご機嫌に過ごしております。
ご機嫌にノーズワークをやり、ご機嫌に眠って、ご機嫌にご飯に大喜びしております。

さっき寝床で寝ている時、夢を見ていたのでしょう「ワンワン!・・・ワンワン!」って高めの声で吠えてました。
普段ほとんど吠えない彼女が吠えるって、一体どんな夢を見ているんだろう?毎回気になります。^^;

そんな時、私の場合はルビーの体にそっと手を置いて耳をめくって(耳が遠いので^^;)
「ルビー」
って言うと、ハっと目を覚まして宙を見ます。
さらに
「おりこうさん」
って胸声で言うと、ふ〜〜〜っと身体の力を抜いてまた眠りに戻って行きます。

また、視野も狭くなってきたルビーは私の姿を失いやすいのですが、声も届かない為体に触れるということで私の場所を伝えるようにしています。だから体に触れられることが嫌なことじゃないように・・・。

「ルビー」も「おりこうさん」も身体に触れることも、普段彼女が楽しかったり穏やかな気持ちでいる時に声掛けしたりして、また彼女の大好きなものといっしょに現れるように日々を過ごしてきました。勿論それには、彼女の目の前にいる私自信が彼女の好きなものでなくてはなりません。
なんてことない日々の暮らしの中にそういう瞬間が沢山あって、それがいつか来るかもしれない困難(老いによる身体の不調や、それによる警戒心の高まりなども含め)に直面したときに助けになる。その為の練習になっていたんだなって最近実感しています。

彼らは耳が聞こえなくなっても目が見えなくなっても自分自身のことをかわいそうだなんて思っていないから、その辺人間である私達は勘違いしやすいけれども、そういうものも犬や猫と暮らしていると知る事ができる貴重なことなんじゃないかなと思ったりします。

170701_02.jpg
猫も、暮らし方(=取り組み方)は同じです。

どんな状態になっても、ここなら、この人がいるここなら絶対に安心だって犬が想える様な接し方を日頃からしていると、年老いた犬を介護が大変だからと捨てるなんてことは絶対に思い浮かばない事なんじゃないかな。犬がどんな姿、状態になってもずっと愛しさが続く、そんな暮らしかた(=取り組み)が沢山の人に届きますように。

応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 20:58| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする