2017年08月26日

「犬のブリーディングと遺伝」セミナー


こんにちは。昨日はチャーリードッグスクール主催、冨澤奏子先生の「犬のブリーディングと遺伝」セミナーに参加いたしました。
遺伝という、犬の学びの中でもちょっと特殊なお勉強でしたが、先生のユーモアあふれる楽しいお話しで、2時間があっという間に感じました。(楽しいって大切だってことを再確認♪)
170826_01.jpg
メモはぼかしました。^^;

ブリーダーでもない私たちのような普通の飼い主に必要な内容なの?って思われる方がもしかするといるかもしれません。
でも遺伝って、毛色や形などの外見的なもののみならず、病気や気質という、その犬が健康で幸せに暮らせるかということにも関わってくること。飼い主である私たちが本当は知りたいと思っても不思議ではないんじゃないかな?と思ったりします。

9年前に
「この子はどう?」
ってルビーを勧めて頂いた時、すでに出産の経験ありという話しを保護主の方から伺って、毛色も特徴的だったこともあり、私は彼女の子犬達の健康を祈らずにはいられませんでした。

何がキケンで何が犬達を苦しめ、または何が彼らにとっての幸せなのか。
犬を求める側の人達、つまり飼い主である私たちこそ学ぶ必要があるないようなのではないかなと思っています。求められなければつくられないはずですもんね。
毛色が変わった犬が欲しい、誰も持っていない様な特徴の犬が欲しい、
ではなく・・・
私たちは犬という生きものが好きだから彼らを迎えました。
だからこそ、そんな彼らの健康や幸せを願う自分でありたい。
みなさんもそう思いませんか?



冨澤先生、素晴らしいお話しをありがとうございました!
また、講座を企画して下さったCDS夏目先生にも感謝いたします。ありがとうございました!



応援よろしくお願いします♪
続きを読む
posted by カエデ at 18:25| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする