2017年09月27日

お散歩トレーニングに向けて

こんばんは。
今日はチャーリードッグスクールお散歩トレーニングのオリエンテーションに参加いたしました。

大きな意味での社会化の場としてのお散歩トレーニング。

吠えや咬みでお悩みの飼い主さんと犬達も、また今はもう悩みはなくなったけれど社会化の継続の為に参加するペアもいて。

170927_01.jpg

今日もお話しがありましたが、散トレって吠えたり引っ張ったり色んなタイプの犬が集まります。
だから最初のうちはワンワンピョンピョン騒がしい^^;ので、知らない人が見たら不安になっちゃうかもしれません。
でも、どの犬も終盤になるとかなり落ち着いて歩けるようになるんですよね。

”犬達にとって大丈夫な距離”を保ちながら歩く(飼い主同志がそれを見極めながら歩く)というのを体現しようとみんなで頑張るからだと思います。

”うちの犬は犬が苦手だから挨拶の練習をさせたい”
と思う飼い主さんは沢山いるかもしれないけれど、
挨拶は近づけなくてもできている(距離があっても匂いでお互いがわかる)んじゃないかなと思います。そして、その方が犬同士心地よいので犬慣れもできるのではないかなあと。

だから、犬が苦手な犬連れさんこそ、ぜひお散歩トレーニングへ!と思ったりします。
最初は勇気がいるかもしれないけれど、一緒に歩けたらとっても嬉しいです。

170927_02.jpg
このくらいお互い距離とることは普通です♪
もっともーーーっと離れることもあります♪

叱らずに、また犬の身体に負担をかけないリードワークで(リードショックをしない)犬達に抑制(待って)を教える場でもあるので、
一見なにもしていないように見えるかも(派手に叱ったりしないから)しれないけれど、こうしてオリエンテーションに参加したり、先生のブログやFBの記事を読んで(詳しくはこちらへ)何をすべきなのかを学ぶと、何もしてないようには見えなくなるなと思います。

最初から完璧にできるような人はいなくて、でもそれを目指してる過程で様々な変化(犬も自分も)を感じることができ(また、完璧なんてないということもわかり^^;)、そのひとつひとつが喜びになるような、そんな学びがここにはあります。
それはきっと、犬達を天国に送り出す時に彼らを温かく包むもの、そして自分をも支えてくれる宝物になるに違いありません。

私はきっとルビーなしでの参加が多くなると思いますが、少しでも良い場、時間が作れる様精進したい!と改めて思いました。

夏目先生、ご一緒したみなさま、今日も楽しい学びの時間をありがとうございました!


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:09| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

台風が近づいています

おはようございます。
台風18号が近づいていますね。沖縄は上陸はしなかったものの水曜日がピークだったようで。これから九州、西日本へ近づくのかな。どうか被害が大きくなりませんように。

災害と言えば、私の中ではやはり東関東大震災の記憶が鮮明に残っています。
地震の直後、都内で仕事中の犬友さんからメールが入って、彼女の犬の様子を見てきて欲しいと言われました。
ルビーと先代猫フーラをキャリーバッグに入れて、楽しいお出かけを装ってマンションの階段を上り下りしたっけ。
大き目な余震が結構あったので彼女達は部屋に置いていかず、同行をお願いしたのでした。^^;

170916_01.jpg
とっても仲良しでした♪


あの時の彼女達。
キャリーバッグ入れられて私に運ばれる事がなんてことないことになっていて良かったと心から思ったのを思い出します。
(でも正直なところ、彼らがそうなってくれたのは私が丁寧に取り組んだからではないのですが。^^;でも今は取り組んでます。)


     * * * * * * * * * *


災害時の備えとして、物理的なものは手に入ればすぐに準備できます。水とかフードとかハーネスとかキャリーバッグとか。

でも、伴侶動物にキャリーケースやケージに慣れてもらう、という部分はすぐに手に入るものではないんですよね。

そういったソフト的な部分は、災害がやって来る前の日常の中で、少しずつ少しずつ準備しておく必要があるんですよね。
災害時比較的安心して過ごせることでその後の生活の質も変わってくるのではないかと思います。

ということで、以前もご紹介させて頂きましたが、こちらの記事をリンクさせて頂きました。


こんな風に練習できると、それ自体が実は日々の暮らしをも楽しく豊かにしてくれるんじゃないかなと思ったりします。
だって犬や猫達からしたらただ楽しく遊んでいるだけですもんね。
それが結果的に人間から見たら備えになっている・・・。

人間からみた安心と、犬や猫達からみた安心は違うかもしれない、というのをいつも忘れずにいたいです。
人間は彼らをキャリーバッグに入れてしまえば安心かもしれないけれど、
そのキャリーバッグは犬や猫達にとって安心できる場所になっているかな?
慌てたり不安そうな顔で接したりしていないかしらん?
というような。

この取り組みの中で見えてくる、大変な時に自分がすべきこと、あるべき姿。
それがわかるということは自分にとっても支えになることなんだと実感しています。
私も犬のことを学んでからは、引き続きルビーと、そしてチニタと日常の中で取り組み続けています。ぜひみなさんもいかがででしょうか♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 10:00| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

「動物の飼育管理の為の応用行動分析学」講座、全6回が終わりました

こんばんは。
今日は暑い一日でした。犬飼いとしてはまだまだ油断できない季節ですね。^^;昼間は一日クーラー入れてました。

昨日、青木愛弓先生の「動物の飼育管理の為の応用行動分析学」講座、全6回が終わりました。
朝から夕方まで缶詰でみっちり教えて頂く機会なんて、大人になったらそんなにないですよね。本当に貴重な数ヶ月でした。

”動物の飼育管理の為の・・・”
なんですけど、
言ってみれば私たちも動物(哺乳類)で、
だから先生のもとでわかりやすく楽しく勉強できたということは言うまでもありません。

だから自分達がして頂いたように動物たちにも出来ればよい、ということなんだろうなあと思ったりしています。

170914_00.jpg
毎回とっても美味しかったお弁当♪



昨日の情報と一部被りますが、青木先生のセミナーが秋から来年にかけて下記の場所で開催されます。





犬や猫と、本当は仲良くなりたいのに叱ってばかりいて関係がよくならないとか、
どうして問題行動ばかりするんだろうとか、
なんで吠えるの?なんで咬むの?というお悩みを抱えている飼い主さん、
または動物関係のお仕事の方など、
きっとヒントが頂けると思います。ぜひ一緒に学びませんか?
沢山の方が先生のお話し伺うチャンスを生かせますように♪




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 20:37| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする