2017年09月13日

今日はお勉強に行ってきます♪

おはようございます。
今日は朝から夕方まで、青木愛弓先生の「動物の飼育管理のための応用行動分析学講座」を受講してきます。全6回あって、今日は最終回。

吠えや咬みなどの行動も、犬達にはそうする理由があって、しかもそれを人間側が引出している場合があるということが、はっきりすっきりくっきりと^^;理解できる講座です。

そして今回はそういう問題があった時に”じゃあどうすればいいのか(応用行動分析学的に)”というところまでを考える宿題が出ていて・・・きっとまだまだ珍解答^^;なんだと思うのですが、それでも講座を受ける前よりは頭の中は大分整理されてきました。

どうしてそんな行動をするのか。
例え彼らなりの理由があったとしても、そのままだとこの社会の中で生き辛かったり犬にとって不利益になる様なことは止めさせてあげたい。多くの飼い主さんがそう考えることと思います。
そしてそれを私たち人間が作りだしているのだとしたら、人側が変わる事で犬達をもっと幸せにできるのではないか?って、改めて思います。

170913_01.jpg

ルビーを迎えて9年目。
学びの最中には自分が彼女にしてきたことをよく思い出します。色々やってもーたことがあるのに、^^;全て彼女の懐の深さに助けられての穏やかな生活だったんだなと思います。
彼女に感謝(=幸せ)をどうやって伝えたらいいかな。
やっぱりアイスクリームかな。(笑)

そうそう、来年の一月に、青木先生の一日講座が埼玉(浦和)にやってきますよ〜!
ぜひこの機会をお見逃しなく♪


ということで、動物たちや飼い主さんに還元できるよう、今日も頑張って勉強してきます。
みなさんも素敵な一日を!
posted by カエデ at 09:00| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

一雨ごとに

おはようございます。
雨ですね〜洗濯ものが・・・。^^;

170912_01.jpg
今朝のベランダ放牧♪

一雨ごとに秋が近づくんだろうなあ。
先日アスファルトの道を横断しようとしていた蝶の幼虫を拾って育てているんですけど、大分大きくなってきました。
秋に羽化するかしらん。それとも冬を越すのかな。
と、生きものは色んなワクワクを与えてくれるなあと思います。

ワクワクを与えてくれる・・・
犬もそういう存在になるはずだったんですけど、ルビーを迎えてた当初はワクワクよりも
「どうしたらいいんだ?!」
っていう混乱の方が大きかった私です。^^;
留守番中の吠えもそうですが、それを含めた、
”犬達がヒトにどれだけ依存するか”とか、”社会性の高さ”が私にはビックリだったのです。

でも混乱したから学ぼうという気持ちにもなったのかな。

そして混乱のままに自分を表現していたら犬も混乱するばかりだということもわかりました。
彼らが飼い主を通して外の世界を見ているんだということも。

勿論いつもいつも目指している行動をとれるわけではないんですけど、意識していれば段々と近づける。
ゆっくりなら変化してけるものなのかも。
そのゆっくりゆっくりな自分の変化に犬ものっかって(影響を受けて)一緒に変化していくんだなって思います。

それでも、なかなか変われないのは自分の方だったのか!というツッコミを今も密かにしている。
傾斜の浅い螺旋階段をゆっくりと上っていくような感じですかね。「一雨ごとに、、、」という表現も当てはまる気がする。^^;

というわけで、犬と暮らしていく上で自分の行動をどう変えればいいのかという勉強を明日してきます。宿題をちゃんと終わらせなければ。がんばるぞ〜。
みなさんも有意義な一日になりますように♪



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 11:13| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

心地よさを呼び起こすもの

おはようございます。
気持ち良い朝になりました。この辺ではもう2日くらい前から金木犀の香りが漂っています。本当に良い匂い。
みなさんは、大好きな花の匂いや、花じゃなくても嗅ぐととっても良い気分になる匂いってありますか?

私が一番好きな花の香りは沈丁花なんですけど、
その沈丁花を思い出すと、幼いころ育った家の庭の春夏秋冬の光景が甦って最高に幸せな気分になる・・・という、かなりハッピーな条件づけがされています。

そして犬を迎えてからは、自分が”犬のハッピーな気持ち”を呼び起こす存在でありたい、そのためにまずは”叱らない”、というところまでズルズルズル〜〜っと一気に連想が繋がるようになりました。犬達の身の回りのお世話も、関係つくりもまずはここから、という気持ちがあります。

170911_01.jpg
気持ち良い風が撮りぬけるリビングで2度寝中のルビーです


ただ、全く悪気はなくてもイヌにとって良いものではなかった、ということが結構あるものです。例え叱ったりしていなくても。勿論わたしにもあります。
ルビーを迎えた当初、不安そうにこちらを見つめる彼女を、これまた不安そうな表情で「大丈夫かなあ・・・」と見つめ返していた私もそれでした。不安のループ状態。^^;
大切にしたいと思っているもののことが心配で心配で、つい自分のことのように思ってしまう・・・境界線が上手く引けていなかったんでしょうね。

自分ではこれといって意識せず、また悪気なくやってることまで修正の余地あり!とされることは結構、いやかなりしんどいことです。
が、知れば変われるし、変えて行きたいなと!
良く変わるのであればその方が自分の生きやすさにも繋がりますしね。
私もまだまだその過程を歩いています。良かったら一緒に歩きませんか〜?

月曜日。良い一週間のスタートが切れますように♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 09:47| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする