2017年09月16日

台風が近づいています

おはようございます。
台風18号が近づいていますね。沖縄は上陸はしなかったものの水曜日がピークだったようで。これから九州、西日本へ近づくのかな。どうか被害が大きくなりませんように。

災害と言えば、私の中ではやはり東関東大震災の記憶が鮮明に残っています。
地震の直後、都内で仕事中の犬友さんからメールが入って、彼女の犬の様子を見てきて欲しいと言われました。
ルビーと先代猫フーラをキャリーバッグに入れて、楽しいお出かけを装ってマンションの階段を上り下りしたっけ。
大き目な余震が結構あったので彼女達は部屋に置いていかず、同行をお願いしたのでした。^^;

170916_01.jpg
とっても仲良しでした♪


あの時の彼女達。
キャリーバッグ入れられて私に運ばれる事がなんてことないことになっていて良かったと心から思ったのを思い出します。
(でも正直なところ、彼らがそうなってくれたのは私が丁寧に取り組んだからではないのですが。^^;でも今は取り組んでます。)


     * * * * * * * * * *


災害時の備えとして、物理的なものは手に入ればすぐに準備できます。水とかフードとかハーネスとかキャリーバッグとか。

でも、伴侶動物にキャリーケースやケージに慣れてもらう、という部分はすぐに手に入るものではないんですよね。

そういったソフト的な部分は、災害がやって来る前の日常の中で、少しずつ少しずつ準備しておく必要があるんですよね。
災害時比較的安心して過ごせることでその後の生活の質も変わってくるのではないかと思います。

ということで、以前もご紹介させて頂きましたが、こちらの記事をリンクさせて頂きました。


こんな風に練習できると、それ自体が実は日々の暮らしをも楽しく豊かにしてくれるんじゃないかなと思ったりします。
だって犬や猫達からしたらただ楽しく遊んでいるだけですもんね。
それが結果的に人間から見たら備えになっている・・・。

人間からみた安心と、犬や猫達からみた安心は違うかもしれない、というのをいつも忘れずにいたいです。
人間は彼らをキャリーバッグに入れてしまえば安心かもしれないけれど、
そのキャリーバッグは犬や猫達にとって安心できる場所になっているかな?
慌てたり不安そうな顔で接したりしていないかしらん?
というような。

この取り組みの中で見えてくる、大変な時に自分がすべきこと、あるべき姿。
それがわかるということは自分にとっても支えになることなんだと実感しています。
私も犬のことを学んでからは、引き続きルビーと、そしてチニタと日常の中で取り組み続けています。ぜひみなさんもいかがででしょうか♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 10:00| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする