2017年09月27日

お散歩トレーニングに向けて

こんばんは。
今日はチャーリードッグスクールお散歩トレーニングのオリエンテーションに参加いたしました。

大きな意味での社会化の場としてのお散歩トレーニング。

吠えや咬みでお悩みの飼い主さんと犬達も、また今はもう悩みはなくなったけれど社会化の継続の為に参加するペアもいて。

170927_01.jpg

今日もお話しがありましたが、散トレって吠えたり引っ張ったり色んなタイプの犬が集まります。
だから最初のうちはワンワンピョンピョン騒がしい^^;ので、知らない人が見たら不安になっちゃうかもしれません。
でも、どの犬も終盤になるとかなり落ち着いて歩けるようになるんですよね。

”犬達にとって大丈夫な距離”を保ちながら歩く(飼い主同志がそれを見極めながら歩く)というのを体現しようとみんなで頑張るからだと思います。

”うちの犬は犬が苦手だから挨拶の練習をさせたい”
と思う飼い主さんは沢山いるかもしれないけれど、
挨拶は近づけなくてもできている(距離があっても匂いでお互いがわかる)んじゃないかなと思います。そして、その方が犬同士心地よいので犬慣れもできるのではないかなあと。

だから、犬が苦手な犬連れさんこそ、ぜひお散歩トレーニングへ!と思ったりします。
最初は勇気がいるかもしれないけれど、一緒に歩けたらとっても嬉しいです。

170927_02.jpg
このくらいお互い距離とることは普通です♪
もっともーーーっと離れることもあります♪

叱らずに、また犬の身体に負担をかけないリードワークで(リードショックをしない)犬達に抑制(待って)を教える場でもあるので、
一見なにもしていないように見えるかも(派手に叱ったりしないから)しれないけれど、こうしてオリエンテーションに参加したり、先生のブログやFBの記事を読んで(詳しくはこちらへ)何をすべきなのかを学ぶと、何もしてないようには見えなくなるなと思います。

最初から完璧にできるような人はいなくて、でもそれを目指してる過程で様々な変化(犬も自分も)を感じることができ(また、完璧なんてないということもわかり^^;)、そのひとつひとつが喜びになるような、そんな学びがここにはあります。
それはきっと、犬達を天国に送り出す時に彼らを温かく包むもの、そして自分をも支えてくれる宝物になるに違いありません。

私はきっとルビーなしでの参加が多くなると思いますが、少しでも良い場、時間が作れる様精進したい!と改めて思いました。

夏目先生、ご一緒したみなさま、今日も楽しい学びの時間をありがとうございました!


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:09| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする