2018年01月06日

ここからここまでは自由

おはようございます。
昨日は寒い一日でしたね。今日も寒そうだけど。^^;昨晩はルビーとチニタにもペットボトル温灸してあげました♪

180106_01.jpg
ジ〜ンワリ・・という表情

小さい頃目にした犬達はみんな外に繋がれていたし、映画の「南極物語」ではブリザードの吹きすさぶ戸外で犬達は寝ているしで、犬って寒さにメチャクチャ強いんだなあなんて印象が出来上がってしまっていましたが、実際自分が犬と暮らしてみると「あれ?」と思う事が多々出てきますね。勿論犬種にもよると思いますけど・・。
また寒さだけでなく、犬には仲間が必要なんだいうことも含め、実際に犬との暮らしを始めてみて改めて気づいたことが数知れずあります。

そう思う一方で、家の中で人間の家族と一緒に暮らすようになった犬達は今度はそういった自然とはかけ離れた(かけ離れ過ぎた)環境の中で人間と同じようなおりこうさんを求められて窮屈な思いをしているんじゃないかなと思うようになりました。
実際自分がそれを犬に求めすぎてそれによってお互いに辛い時期を過ごした経験があるので、体験的にそんなことを思います。

それでも、この社会で一緒に暮らしていくにはここに暮らす人達に受け入れられることが必要で、その辺の塩梅が難しいんだなと実感しています。

これって境界線(”ここからここまでは自由にどうぞ”という範囲)を設定するということだと思うんですけど、子育てをしたことがある人はピンとくるかもしれませんね。
”ここからここまでは自由。ここから先は許可できません”という適切な範囲の設定。それをできるようになる為には、犬がどんな動物なのかを知る必要があるなと感じています。

例えばどんな行動が犬として当たり前なのかを知ったらその部分に関しては人側が許容する必要があるし、でも人社会または犬社会で許可できないこと(乱暴したり弱いものいじめをしたり、危険を避ける為に許可できないことなど)はさせない、という判断ができるなと思いました。
判断が出来たら今度はそれを人間が人社会でどんな人にも受け入れられるような方法で示す、またはそういう行動が出ないように環境整備をする、というのが大切なんだなと感じています。

私もまだまだ修行中の身なので、まずは自分の行動を省みる事、そして誰からも(犬からも)模倣されても大丈夫な自分つくり、がんばりたいと思います。

ということで、今日は自分の頭の中を整理する感じの記事でした。^^;
ではではみなさま、素敵な土曜日をお過ごしください♪




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 10:03| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする