2018年01月14日

飼い主さん同士が支え合う場

こんにちは。
今日もお日様がでて、風さえなければ^^;暖かい埼玉です。

今日から”お散歩トレーニング”の基本的なことをちょこちょこ書いていきたいと思います。ここまで一緒に歩んできた仲間達だけでなく、これから散トレに参加してみたいなあという方にもうまく伝わりますように、との思いを込めて。

180114_01.jpg

お散歩トレーニングは飼い主さんと犬が一緒に歩く、「パックウォーク」という形式のトレーニングです。
パピーから老犬、そして吠えや咬みなど様々なお悩みをお持ちの飼い主さんや犬も一緒になって、”大丈夫な距離”をとりながら同じ方向を向いて歩きます。

お散歩トレーニングの方針として「叱らない」というのがあります。
”叱らない”というと、今まで普通に犬を叱ってきた人やそういうトレーニングを学んだことのある方からすると「なんで?」ってなるかもしれません。
どうしたって犬が「ワンワンワン!」と言えばコラ!(NO!)ってなります。それが今でも一般的なトレーニングなのかもしれません。

でも例えば上で書いた”大丈夫な距離”というのを例に挙げるとすると、犬達にはパーソナルスペースというのがあって(人間にもあります)”これ以上近づかないで欲しい”という距離があります。
この概念を知ると、皆と一緒に歩いている時に
「ワンワンワン!」
と犬が吠えた時、もしかすると
「なんでこんなに近くにくるんだよ〜!」
と言ってるかもしれない、ということに気づけるようになります。

また、おうちの中でピンポーンと玄関チャイムが鳴りました。
犬がワンワンワン!(お母さん、誰かきたよ!)
と教えてくれた時に、
お母さんが「コラ!止めなさい!」
と言ったら?
コミュニケーションが成り立っていないというのがわかります。

だから、まずは犬達とのコミュニケーションの齟齬を失くすためにも、”叱らない”をぜひ。齟齬は犬達の中に理解してもらえないというフラストレーションを生んで、それがまた更なる吠えに繋がる事もあると思います。
(追記:”叱り”が犬にとってご褒美になっている場合もある、という齟齬もありますね。^^;)

180114_02.jpg

そんな風にして叱らずに仲間と一緒に歩いていると、散トレの終わりの頃にはみんなとってもリラックスしてきます。
犬だけでなく人も叱らない(=仲間を否定しない)からこそ、犬も飼い主もとってもリラックスできるようになります。
様々な物、事に慣れる、慣れて適切な行動がとれるようになる(=社会化)の為にはリラックスが一番大切だと思うので、だからまずは”叱らない”。暴力や大声での叱責は、それを受けている本犬(人もですが)だけでなく、周りにも影響をおよぼしますもんね。

きっと初めて散トレに参加される方は、犬が吠えたらどうしよう、咎められるんじゃないだろうか、とか、自分の犬だけみんなと違う事してたら恥ずかしいかも・・・とか色々不安があるかと思いますが、大丈夫ですよ。”叱らない場”で誰かに何かを言われたら、それは言う方が間違っている、そういう場所です。頑張ってる人を凹ますようなことを良しとせず、みんなで認めて支え合う場所が作れたらいいなと思っています。

次回は、じゃあ叱らずにどうしたらいいの?思春期中のヤサグレ^^;わんこも中にはいるでしょうし・・・。
というような事が書けたらいいなと思っています。



応援よろしくお願いします♪
続きを読む
posted by カエデ at 13:32| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする