2018年01月19日

「犬ってさっぱりわからない」^^;

こんにちは。今朝も晴れていたけれど、昨日と同じように曇ってきました。

昨日のお散歩ではツグミを沢山見かけました。調べたら彼らは去年の秋ごろからこの辺にいるらしいんですよね。毎年年が明けてからの方が良く合うので気づきませんでした。

1800119_01.jpg
昨日のお散歩で見かけたツグミ♪

ルビーを迎えた当初、家にいても一緒にお散歩に出ても、なんというかこうしっくりこない自分がいて、
「犬ってさっぱりわからない…」
ってずっと思ってました。

180119_02.jpg

子供の頃猫と暮らしていたのでそのギャップに戸惑ってるんだろうなとも思いました。同じ"伴侶動物"でも、犬と猫は私には全く違う生きものに感じられ、それがまた衝撃的で。これは小さい頃から両方と暮らしていた人にはわからない戸惑いなのかもしれません。

そんな戸惑いの中で、インターネットで検索した情報は犬の飼い方やしつけの情報ばかりでした。でもきっとこれが更なる戸惑いを生んだんだろうなと思います。目の前のその犬を見ようとしていなかった自分がいました。本当は命を育てることにマニュアルはない、だって犬それぞれなんですもんね。そしてその犬それぞれをわかる為にまず、【犬ってどういう動物なのか】を知る必要があったのでした。

犬ってどういう動物なのか。

もともと生きものが好きな人であれば、”どうして好きなのか”の前に”理由はわからないけど気づいたら好きだった”が先にあるから、【犬ってどういう動物なのか】への旅は楽しみでしかありません。小さい頃から虫が好きだった私が自然と図鑑を開いて自分が捕まえた昆虫の習性を調べたりしたのと同じように。そしてそれは自分の犬を好き、大切にしたいと思っている人もきっと同じなんじゃないかな。


【犬って?】【(人間以外の)動物って?】…ということを知ると自然と自分の行動も変わっくる、というか変わらざるを得なくなってきたりします。

例えばお散歩でリードを引っ張らなくなる(自分が^^;)とか、
匂い嗅ぎも、ミミズの上でゴロンゴロンもゆるせちゃうとか、
犬が嫌がってる(怖がってる)ことがわかる様になるから無理やりさせることがなくなるとか、
いろいろ、いろいろ・・・。


犬のことを知ると、それらが"一緒に暮らす"ということと繋がって色んなことが楽になるし、楽しくなるんだなって、感じています。


私が”犬ってどういう動物?”を知る手助けをしてくれた本を2冊ほどご紹介したいと思います。


動物が幸せを感じるとき 新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド -
動物が幸せを感じるとき 新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド -


人という動物と分かりあう [ソフトバンク新書] -
人という動物と分かりあう [ソフトバンク新書] -



犬のことも勿論かいてありますが、他の動物のことも出てきてとてもおもしろいです♪

犬は人間より他の動物達に近い部分が多いと思うので、犬以外の動物のことを知るのもとても勉強になるなあと感じています。




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 12:22| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする