2018年01月23日

匂い嗅ぎの鎮静効果

おはようございます。
今日は小田原まで犬の勉強に行く予定なので、予約投稿です。
(今21時過ぎで雪が横殴りに降っていて外は真っ白です。明日は午後から晴れると言うけれど長靴履いていく決意を固めました。^^;)

昨日の記事て”犬と人間の違う所と同じところ両方を意識できれば、きっともっとコミュニケーションがうまくいく気がします。”と書きました。
犬が人と違うところ、その一つとして嗅覚のお話しを先日しましたが、もうひとつ、犬達の匂い嗅ぎの持つ作用についてお話ししたいと思います。

ノルウェーのトゥーリッド・ルーガスさんというドッグトレーナーをご存知の方は多いと思います。”カーミングシグナル”で有名な方ですよね。

このルーガスさんの方法で、興奮した犬を落ち着かせるために床に食べものをばら撒いて食べさせるというのがあります。
こちらの本でも紹介されていた方法です。

“匂いを嗅ぐ“ということは、実は鎮静効果もあって、興奮している犬を落ち着かせてあげる手助けにもなるそうです。犬達の気持ちを鎮め、ストレスを低下させるそうなんですね。
ですのでお散歩トレーニングでは、草むらにオヤツをばら撒いてそれを探して食べさせということもします。初めて見る方は拾い食いさせてるみたいでびっくりされるかもしれませんが、本当に犬達が落ち着いて行くんですよ。
興奮は悪いものばかりではありませんが、楽しい興奮も長く続くとネガティブに転じることがあるそうです。ボールを投げて取って来させる遊びなども、長くやり過ぎると興奮レベルを下げるのがなかなか大変だったりするそうですのでので、その辺うまく見極められるようになりたいです。ちょっと興奮してきたかな、そろそろ鎮めてあげた方がいいかな、という時にはぜひおやつばら撒きノーズワーク(と、私が学んでいるCDSでは呼んでいます。)やってみてくださいね。

180123_01.jpg
2015年のルビー。匂い嗅ぎしながら歩いているこの姿勢が犬的に自然なんですよね。

ちなみにルビーとはお散歩の途中の楽しい遊びとしても取り入れたりしています。みなさんもぜひ♪



今日は日本海側が大雪になりそうだと天気予報が言ってますね。あちら側にお住まいのみなさまどうぞお気を付けください。関東の私たちも雪道はくれぐれも気をつけて歩きましょう。

ではではみなさま、色々気をつけつつ素敵な一日を!




応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 08:00| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする