2018年02月07日

イヌと人、それぞれの最初

こんにちは。
北陸の大雪、お見舞い申し上げます。お住まいの方々引き続きくれぐれもお気をつけください。どうかこれ以上被害が大きくなりませんように。

180207_01.jpg
パピーの頃を世話をしたことの無いルビーには、年を重ねた今、その時出来なかったお世話を
させてもらっている様な気がするよ。

犬を迎えてお悩みをお持ちの方の中には、犬が人間の言う事をとても良くきく動物だと思って迎えたのに、実際は想像と違ってビックリ!^^;
という方が少なくないと思います。私もそうだったので。
特にパピーの頃の甘噛みは予想以上に痛いですよね。歯が細くてとんがっているから。^^;すると、ムクムクと、その子が将来噛み犬になってしまうのではないかとい不安を抱いたりして。
その時、
”甘噛みは甘噛みなのでその時期いくらでも噛んでいいものを与えたり、痛いよって穏やかに言っておしまいにするなどしながら、その時期をなんとか乗り切れば大丈夫”
というような情報に辿りつけず、犬に警戒心を抱かせる方法・・・つまり甘噛みに罰を与えたりして、それが原因で甘噛みではない噛みを誘発させてしまう、ということが少なくないのだろうなあと想像します。
外から見た流れだけを見ると甘噛みが本気噛みになったように見えるけれど、本当は人側から受けた罰が防衛的な噛み(犬が自分を守る為の噛み)を出させているのですよね。

罰を与えながらの生活って、犬だけでなく人間側も消耗すると思います。悪い事(人間側に都合の悪いこと)をしたら罰しなきゃと思ったら、悪い行いばかり(=罰することばかり)を探すことにもなると思います。

「犬にこんな表情をさせる為に彼女(彼)を迎えたんじゃなかった」
罰を与えていてふと、そのことに疑問を持った飼い主さん達の多くがそう感じられるのではないでしょうか。

私たち、どうして犬を迎えたんでしたっけ。
人間側の最初はきっと、可愛がりたくて犬を迎えたということ。
じゃあ、イヌ的に可愛がられるということはどういうことなんだろう。
そうしたら今度はイヌ側の最初に戻って考えたい・・・”イヌってどういう動物か。イヌらしさってなに?”ということ。
酷く吠えたり噛んだりは、病気が原因でなければ何かしら理由があるはずなので、それを罰ではない方法で対応していきたいですよね、可愛がる為に迎えたのだから。

罰ではない方法で一緒に暮らしていく為には、犬がどんな成長過程をたどるか(人間がこうして欲しいなあというのとは違う成長の仕方をすること)や習性、またどんな学習の仕方をするかを知る事は大きな助けになると思います。
お散歩中の吠えやパニックがお悩みの方は多いと思いますのでそれを例として取り上げれば、リードが張れると興奮しやすいとかもそうですかね。
普段120cmなどの短めのリードを使っているとリードが張れやすく、そのテンションが犬の警戒心を掻き立てていることがあります。3mリードでリードのテンションを極力なくしながらの歩行によって犬がどんなに落ち着けるかというのを学べる場がありますので、ご紹介しておきますね。何度もご紹介していますが。^^;

・CDSリードワークワークショップ@横浜
(犬なしでも参加できます。その場に身を置くだけでも得るものは多いと思います。)

犬達が犬らしく歩く、食べる、嗅ぐ、寝る、遊ぶ、甘える。
そんな姿を愛しいと思える学びがあなたの側にありますように。



応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 17:30| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする