2018年02月27日

ダックスだから

こんばんは。
今日は暖かかったですね。昼間ベランダに出ると春みたいな日差しに思わず土いじりを始めそうになったけれど、まだまだ背中が本調子じゃないので止めておきました。

180227_01.jpg

幸いにも、まだまだ食欲はあって太ろうと思えば太れるルビーですが、最近立ち上がる時に後ろ脚が立ちづらくなってきた彼女。なので体重増えすぎないように気をつけています。
股関節はもともとダックスフントなりの状態(というのがちょっと悲しい)ですが、膝にも来てるかなあという感じで。

ダックスフント・・・股関節形成不全が多いですよね。ルビーも大分前にレントゲンを撮った時に先生が
「まあダックスだからねえ・・・」
と苦い顔をしてルビーのレントゲン写真を見ていたっけ。

でも、
「ダックスだからしょうがないよねー」
で終わらせたくないなあと、思います。

先日遺伝学のセミナーに参加させていただいた富澤奏子先生が、こちらで犬の遺伝について記事を書いていらっしゃいます。


これから、またはいつか犬を迎えたいと思っている方にもぜひ読んで頂きたい記事です。

家族として迎える大切な犬が困難な病気を発症しないためにできること・・・。
犬を迎える時、私たちは健全な管理を行っているブリーダーさんを選ぶ、それが普通になればいいなあと思います。そうすれば将来遺伝病で苦しむことのない犬が増える(=遺伝病で苦しむ犬が減る)ことに繋がるのではないでしょうか。みんなで変えていきませんか?





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:45| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする