2018年03月07日

戸外を歩くということ

こんにちは。
バタバタしているとあっという間にお昼でビックリしてしまう毎日です。今日は昨日と打って変わって寒い日になりそう。

昨日はルビーと公園まで行ってきました。カートじゃなくて抱っこで行ってきましたよ♪

180307_01.jpg
ガサガサ歩くのは私も楽しいよ♪

いくつになっても、そして目や耳が悪くなったり脚が弱くなったりしても、やっぱり犬達には戸外がとってもリフレッシュできるということ、ルビーを見ていると本当にそれを感じることができます。また、自分の脚で歩くと言う事にも、とっても強い意志を感じます。横断歩道などは青信号のうちに渡りきれないので抱っこさせてもらうんですが、最初ガンとして差し出した腕に乗ってこないので、一度手を引いて(わかってることを伝える為)、もう一度抱っこをお願いして了承してもらっています。勿論お礼は忘れずに。^^;

180307_02.jpg
蓬の新芽が沢山顔を出していまた♪

犬と暮らすにあたっての”叱らない”から、何がOKで何がOKじゃないのかの塩梅を知る事。そして自分がそれを相手に分かりやすく伝えられるようになる、というところまでを目指すと、自分を律することって大切なんだなぁぁぁと思うようになりました。
犬と暮らし始めてやっとそれを知るに至りました。

考えてみれば、ヒトという動物以外の生きものと暮らしを共にできるってなんとも不思議なことです。せっかく一緒に暮らしているのだから、お互い幸せに(=暮らしの質を高く)過ごせたらいいなと思います。家の中という囲われた環境でだけでなく、外で好きなだけ距離が取れる環境の中で仲間と一緒に歩く事や、歩きながらイヌの世界を知ろうとする事も、大きな手助けになるかもしれません。

さあ、週半ば。ちょっと疲れが溜まってきているかもしれませんが、みなさまどうぞご自愛くださいね!




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 13:01| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする