2018年04月30日

CDS横浜お散歩トレーニングに参加しました♪

*********************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
*********************************


こんばんは。
今日はチャーリードッグスクール横浜お散歩トレーニングに参加しました。




お悩みを抱えたペアや、社会化の継続の為に参加するペア、そして初めましてさんから継続組まで、さまざまな人が同じ方向を向いて一緒に歩きます。

どんなことがあっても笑顔が絶えないのは、目指すところが”リラックス”だからです。リラックスすることが犬たち(人も)の社会化を可能にするのですよね。だから叱ったり脅したり暴力的な行為はせず、穏便な方法で吠えや突進を止める努力をしつつの2時間です。

そんな場所に参加することを続けていると、自分や自分の犬のことをそれまでよりも温かい目で見られる様になったり、心の底から”大好きだよ”という気持ちが湧き上がってきたり、それがいつの間にか自分の犬だけでなく仲間の犬や犬という生きものへの愛情につながる、そしてそんな風になった自分にさらに励まされる・・・。これは喜び以外の何ものでもありません。

180430_01.jpg

命が生き生きと輝く。
その為に必要なことを身に付け、必要な時に取り出せるよう私も更にがんばりたい、そう思った時間でした。
夏目先生、ご一緒したみなさま、今日も素敵な時間をありがとうございました!




 
 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************










応援よろしくお願いします♪



続きを読む
posted by カエデ at 23:33| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

つれづれ

*********************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
*********************************


こんばんは。
こんな時間になってしまいました。^^;

今日は昼間結構風が強かったんですけど、それでもルビーとお散歩に出ると、彼女は外にいることを満喫していたようでした。排泄も、おっきい方は外に出るとすんなりできるようです。
ルビーの優しい目覚まし(彼女がリビングから寝室に入ってくる足音)は、今も時々夜中に鳴ります。
若いころは同じベッドでも足元とかであまりぺったりくっついて眠らなかった彼女ですが、いつからかわきの下(腕の中)にペッタリが多くなってきました。

180423_01.jpg
使いまわし画像。^^;

今でも私は彼女にとっては完全に落ち度のない^^;飼い主ではないかもしれないけれど、(未だに新しい気づきがあるもので。^^;)彼女が私のもとに来ていなかったら、今頃自分はどんなだったろうと思うことがあります。

自分ではない誰かに与えることの喜びを教えてくれた。
パニクりやすい私に「緊張したときはこうやってリラックスするのよ」って言いに来てくれたようにも思える。だから頑張れる。

例えそうじゃないとしても、そう思うことが犬(猫)に迷惑がかからず、^^;且つ自分が良い方向に行けるのであれば、それはそれで素敵なことなんじゃない?と思ったりします。

 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************



応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 23:09| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

犬は危険な動物?

***********************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
***********************************


こんにちは。
今日は暑くなりそうですね〜。世の中はGW突入!といったところでしょうか。私は特に大きな予定は入っていませんが、GW明けた週の週末にこちらのT.ルーガスさんのセミナーに参加する予定で、今からそれを心待ちにしています。

犬たちが持っているカーミングシグナルには、目を細めたり顔を背けたりゆっくり歩いたりなど、様々な種類があると言われています。(詳しくは下記「カーミングシグナル」を読んでみて下さいね。)
そしてこれらには自分や相手、またはその場の空気を鎮めるために使われると言われています。


上記の本から少しだけ引用します。

犬に対して脅しを使えば、犬はあなたを鎮めようとします。それなのになぜ犬を脅すシグナルなど使う必要があるのでしょうか。 (P.14より引用)

脅されてもその相手を鎮めようとするのが”イヌ”という生きものだと。
犬は危険な動物、と疑わない人からすると衝撃かもしれませんね。

では、彼らを攻撃に転じさせているものは何なのでしょうか。
また、犬のことばを忘れさせているものはいったい何なのでしょうか。

私は犬の勉強をしているうちに、上の文章中の”犬を脅すシグナル”を私たちはしつけと称して使っていないかな?と思うようになりました。
カーミングシグナルの意味を知ってから、彼らが唸ったり噛んだりなどの攻撃をするのは、その言葉が通じず追い詰められた末に(自分を守るために)出る行動なのでは?と思うようなったのです。

180428_01jpg.jpg

犬らしさを育ててあげれば、犬は危険な動物ではない。
では咬む(甘噛みとは別です)ようにさせてしまっているものはなんなのか?それが犬の遺棄につながっているとしたら、変えるべきは何なのか。そこを私たち人間は考える必要があると感じています。

世界共通と言われているこの犬のことばも、通じなければ失われてしまうのだそうです。
でも逆にこちら(人間や仲間の犬)が使って思い出させてあげることもできるのだそうです。
「私も犬語を使って彼らと会話できるようになるのー?!」
って、嬉しくなりませんか?
私はこれを知った時とっても嬉しくなりました。叱ったり叩いたり、脅したりしていつも怖い顔をして犬を委縮させて暮らすより、犬に倣って穏やかな生き方を目指せば何十倍も暮らしが楽しくなると思いますよ。




 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 11:50| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする