2018年04月19日

今日はつくばお散歩トレーニングです♪

おはようございます。
気持ちの良い朝になりました。

180419_01.jpg
先日お散歩した公園♪沢山の緑色♪

今日は「つくばお散歩トレーニング」です。
夏休み前最後のお散歩トレーニング♪
私が開催 or 参加すると、必ずお天気に難ありのお散歩トレーニング。^^;
今日は昨日までとの気温差が激しいので、犬も人も熱中症対策万全でお越しくださいませ♪
2か月ぶりのつくば、楽しみです。芝桜咲いてるかなあ。
楽しく歩けるようどうぞ応援して下さいね!
ご参加のみなさま、どうぞよろしくお願い致します。
みなさまも素敵な一日になりますように☆

 
 
******************************************
6/16、青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」 開催します♪
ブラッシングや爪切りなど、猫の身のまわりのお世話を
お互いに心地よく行うためのハズバンダリートレーニング。
ハズバンダリートレーニングには”下ごしらえ”が大切です。
ハズトレをスムーズに進める為に
ぜひ一緒に学んでみませんか?
同内容のセミナーが福岡でも開催されます♪(6/10)
******************************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 07:00| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

それは支配性ではなく・・・

こんばんは。
今日は朝から雨でしたが、午後2時近くには太陽が出てきて空気はひんやり♪とっても清々しい雨上がりのお散歩になりました。

180418_01.jpg

お散歩中抱っこすることも増えてきて、そうなると、お散歩デビューの頃のルビーってどんなだったんだろうなあ・・抱っこ散歩したのかなあとか、警戒心が出始める4、5ヶ月頃、そしてその後の思春期なんかはどんな感じだったのかしらん?とか色々想像したりしています。

ただでさえ大変な犬育て、思春期の頃の反抗的な態度や、つりあがっちゃった目付きを目の当たりにすると、
「これって支配性かしら」
なんて気持ちがムクムクと湧き上がってきても不思議はないのかもしれません。

でもオオカミの群れの理論(=いわゆる支配性理論)というものが間違ったものだと知っていれば、そこに当てはめて考えずにすむし、誤った情報を基にした誤った対応もせずにすみますよね。

例えば犬が言う事をきかないと「犬が人より上に立とうとしている」と思いこんだり、お散歩で飼い主よりも前を歩く犬を「飼い主をバカにしてる」なんて思い違いをしなくてすみます。そこを間違えなければ、犬を下にする為にしつけと称して暴力をふるうという間違いを犯すこともありません。

思春期は、脳内でも神経の配線が外れたり繋がったりするし、ホルモンのバランスも変化し、犬的にもストレスフルな状態だろうと言われています。
だからなんだかわからないけれど不機嫌だったり反抗的だったり、色んなものに警戒しやすくなったりするのだそうです。
警戒できるようになったからこそ
「ワンワン!」
って吠えるのだし、思春期だから反抗的になったりしているということ・・・。
決して人を支配しようとしているから吠えたり反抗したりしているのではないのですよね。

ただ吠えっぱなしは犬の身体にも、また社会にも負担になるし、そういう意味でして欲しくない行動は止めて行かなくてはなりません。
その為にも
「吠えないでね」
が通じる関係を作りたいなと思うわけですが、だからこそこちらの言う事に耳を傾けてもらえる様に、叱らないことが大切なんじゃないかな。

「名前を呼んでおやつ」(”名前”(や飼い主自身)と”犬にとって良いもの”を一緒に与える)を暮らしの中で意識していれば、

「ねえねえ吠えないで」
って言った時に
「あ、そうだったね」
ってなるのではないだろうか。
飼い主に抱っこされれば落ち着ける、とか、体に触れるだけで我に返るとか、そういう関係が作れるんじゃないかな。

一度こうすればすぐに効き目があってそれ以降絶対に大丈夫、というものではないので、絶えず伝え続ける努力が必要だと思いますし、吠えを止める方法も一つではないけれど、だからこそ、そういうものを沢山身に付けられるように取り組むことが、犬と一緒に暮らすということなのかな、と思ったりしています。

 

 
******************************************
6/16、青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」 開催します♪
ブラッシングや爪切りなど、猫の身のまわりのお世話を
お互いに心地よく行うためのハズバンダリートレーニング。
ハズバンダリートレーニングには”下ごしらえ”が大切です。
ハズトレをスムーズに進める為に
ぜひ一緒に学んでみませんか?
同内容のセミナーが福岡でも開催されます♪(6/10)
******************************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:24| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

食べることを褒める

こんばんは。今日もこんな時間になってしまいました。^^;

180417_01.jpg
ベッドで寝起きのルビー。
後姿もどことなく私に似てると自分でも思う。^^;


タイトルの
「食べることを褒める」
って、どうして?って思う人、沢山いらっしゃると思います。

犬がご飯を食べることって、普通のことだと思いますよね。褒めるほどのことではないと。
まあ普通と言えば普通のことでもあるんでけど。^^;

犬でも人でも猫でも、食べものは生きていく為に必要なものだから、生きものとして通常もともと好きなもの、です。
そして食べてる時って嬉しい(というか美味しいというかポジティブな)気持ちで食べてると思うんですよね。

その嬉しい気持ちの時に、
「すごいすごい、○○ちゃんカッコいいねえ」
って褒めてあげることが、生きやすさに繋がることだったりします。

みなさんのワンコは、外でフードやおやつが食べられますか?
人間も、緊張している時って何も喉を通らなくなったりしますが、犬も同じで、お散歩時などに緊張しているとおやつが食べられない子がいたりします。

食べものって、色んな場面で犬を助ける為に使えるもので、
例えば興奮が高まり過ぎてしまいそうな時に地面にバラまいた食べものを食べることでストレスレベルを下げることができたり、ちょっと怖いことがあった時に大好きなおやつをバーンとあげたりすると、恐くなりかけたものがそうならずに済む、ということがあったりします。だから外で食べらるってすごいことなのです。

だけど、上で書いたように、中には外では食べ物がのどを通らないワンコもいますよね。
そんな時に助けてくれるものが、上で書いた、
お家でご飯を食べてる時に(嬉しい気持ちの時に)犬にかけてあげていた言葉・・・上記で言うと
「すごいすごい!」
「○○ちゃんカッコいいねえ!」
という言葉だったりします。

この言葉をかけられれば、嬉しい気持ちが湧き上がって来るんじゃないかな?
怖かったことを払拭できるくらい、強力な言葉になってるんじゃないかしら?

だから、犬が美味しそうにご飯を食べてる時に(食べている時だけでなく、生き生きしている時に)、それを誉めてあげると言う事は、何かあった時に犬を励ますことができる言葉を持てるということ・・・。

”食べる”なんて一見普通のことだけれど、そう考えると”食べる”ってすごいことですよね♪



 
******************************************
6/16、青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」 開催します♪
ブラッシングや爪切りなど、猫の身のまわりのお世話を
お互いに心地よく行うためのハズバンダリートレーニング。
ハズバンダリートレーニングには”下ごしらえ”が大切です。
ハズトレをスムーズに進める為に
ぜひ一緒に学んでみませんか?
同内容のセミナーが福岡でも開催されます♪(6/10)

******************************************


応援よろしくお願いします♪
続きを読む
posted by カエデ at 22:14| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする