2018年04月05日

ネコのトレーニング?

こんにちは。
昨日は予想最高気温が25℃と暑くて今日は17℃。なんだか調子狂っちゃいますね。
知り合いでも昨日はめまいに悩まされた方がいるようです。みなさまご自愛くださいね。
私も一度回転性のめまいを経験したことがあるのですが、横になっていても目が回って本当にキツかったのを思い出します。

180405_02.jpg
ビオラ越しのチニタの悪そうな顔。^^;

6月16日に埼玉にて開催する青木愛弓先生の「ねこのハズトレってなに?@埼玉」、もしかすると猫の飼い主さんにはハズバンダリートレーニングと言ってもピンとくる人は少ないだろうし、何より猫には”トレーニング”という言葉自体がしっくりこない方も多いのかも?と思ったので、
2月にチャーリードッグスクールが主催した「イヌとの暮らしを変える『やさしい手を目指して』」の記事をご紹介しますね。↓


ハズバンダリートレーニングの前に、それを上手に進める為に必要な”やさしい手”(やさしい手ってどういうことを言うのかな?)について、沢山のヒントを得られると思います。

犬や猫はペット(家畜・・・その中でも伴侶動物)ということもあり、野生動物よりは我慢して人に合せてくれるところがあると思います。(ただ、それをやり過ぎて堪忍袋の緒が切れた、になっている場合もあると思いますが。^^;)
その”我慢させている”部分を出来る限りなくしていければ、家族として暮らす猫達と、よりハッピーな関係が築けるんじゃないかな、お互いが幸せになれるんじゃないかな、と思っています。

講師をして頂く青木愛弓先生は、「インコのしつけ教室」や「遊んでしつけるインコの本」など、応用行動分析でインコと仲良く暮らす為の本を書いてらっしゃる先生です。(インコの本ですが、ヒトやネコ、イヌなど全ての動物にあてはまる内容です。)この機会にぜひ専門家の先生のお話しを伺ってみませんか?ご厚意でセミナー料金もとてもリーゾナブルに設定して頂きました。

インコのしつけ教室―応用行動分析学でインコと仲良く暮らす -
「インコのしつけ教室」


遊んでしつけるインコの本―よい関係をはぐくむための遊びのレシピとしつけのミニ知識 -
「遊んでしつけるインコの本」

動物に対する接し方は、飼い主さんだけでなく猫に関わる全ての方に共通するところだと思うので、ぜひ猫に関わるお仕事をされている方(獣医師や動物看護士の方、トリマーさんなど)、猫の保護活動をされている方、また猫だけでなく犬やその他の伴侶動物と関わりのある方のご参加をお待ちしております!

詳細はこちらからどうぞ♪↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


****************************************

6/16、青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」 開催します♪

ブラッシングや爪切りなど、猫の身のまわりのお世話を
お互いに心地よく行うためのハズバンダリートレーニング。
ハズバンダリートレーニングには”下ごしらえ”が大切です。
ハズトレをスムーズに進める為に
ぜひ一緒に学んでみませんか?



同内容のセミナーが福岡でも開催されます♪(6/10)

****************************************




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 15:52| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする