2018年04月11日

さいたまお散歩トレーニングでした♪

こんばんは。
今日は夏休み前最後のさいたまお散歩トレーニングを開催しました。

チワワのジャムちゃんと、ヨーキーのキートン君、そして初めましてのボルゾイのネオ君で、小・中・大とそろい踏みです。

ネオ君ママさん、初めてのワンコなどに吠えるということで心配されていましたが、
吠え・・・ないね?^^;;

180411_01.JPG
散トレに来ると吠えない現象^^;はここでも。
犬同士の距離の大切さをお互いわかっている者同士が一緒に歩く醍醐味なのかもしれません。

犬同士無理に近づけて挨拶させない、そして何より犬も人も”叱らない”場なので、ピリピリした空気もなくリラックスできるのかなと思いました。

社会化の重要性が後になってわかったんですとおっしゃってくれたネオ君ママさん。
お散歩トレーニングはまさにその社会化の場であること、その基本となる取り組み”名前を呼んでおやつ”をキートン君にご協力いただき説明させていただきました。

180411_02.JPG

犬からすると何も行動を求められず、”○○したらおやつね”というプレッシャーがないまま、ただただ名前を呼ばれておやつ(嬉しいもの)がもらえます。

名前が大好きなもの、嬉しいものの前触れになると同時に、名前だけでなくその時そこにあったもの全てが嬉しい印象のものになる、という期待の込められた取り組みです。

そうやってリラックスの中で作られた大好きなものの数々は、緊張や苦手なものに遭遇した時に犬たちの大きな手助けになってくれるのではないでしょうか。
”名前を呼んでおやつ”で作り上げた嬉しいものは、食べものよりも魅力的なものになるので、例えば食べ物が食べられいほど緊張している時などには、”名前を呼んでおやつ”を一緒に取り組んできた飼い主さんによる優しい介入(手助け)が何よりの助けになってくれるはず、飼い主さんの存在自体が気持ちを鼓舞してくれるはず、そんな風に思っています。

犬が年をとったとき、また彼らを天国に送り出すとき、”名前を呼んでおやつ”の取り組みはきっと犬と飼い主さん双方の支えになると信じています。老犬の介護(らしきこと)が始まった私も、それをひしひしと感じています。

夏休み前最後のさいたまお散歩トレーニング、途中悪天候でどうなるかと思いましたが、みなさんのご協力のもと無事に終えることができました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!また秋からもどうぞよろしくお願いいたします!




**** <「犬とまんまる」お散歩トレーニングのお知らせ> ****
 4/19(木)10:00〜(2時間程度)

上記リンク先のFBページをお読みいただきご参加下さい。
お申込みお待ちしています♪

*******************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:22| Comment(2) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする