2018年05月24日

あれとこれはリンクする

**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
※あと4名様ほど募集いたします
**************************

こんばんは。今日はおかしな天気でしたね。東京ではヒョウが降ったとか。怪我された方などいなかったでしょうか。

* * * * * * * * *

今こちらの本を読んでいます。


小学生の時に算数でつまづいてから^^;数字が大嫌いになった私。
いやむしろ算数でつまづいたというよりもっとその手前、入学式の日に用意されていた『算数セット』がもう大嫌いだったんですよね。^^;色やら形やら素材が様々過ぎて(情報が多過ぎて)大混乱で、とても学習するどころではなかったのですね。
この自分の体験からも、世の中の様々なものが嫌じゃない、むしろ好きだったり好奇心をそそられるということは、生きる上でとても良い事であると感じます。好きでなくても(ネガティブな)過剰反応しなくてすむ(=社会化されている)という事はとても生きやすいですよね。だから犬たちにも色んなものを好きになってもらうのが大切だなあとつくづく思います。

話しが逸れました。^^;
そんな算数嫌いの私が嫌悪感を抱きそうなこちらの本、どうして読んでみたいと思ったかというと、”身体”という言葉があったからです。これが私の興味を掻き立てたのでした。
身体には興味があるぞ〜、それと数学が何か関係してるんだったらもしかしたらついでに^^;数学も好きになれるかも!という短絡的な理由と、なにより今の自分に必要な”ニオイ”がしたので手に取ってみたのでした。

そして読み進めてみるとこの本は数学というより哲学という感じで、とっても楽しいのです。

それもそのはず、もともと数学って哲学から派生したようなものなんですね。

並行して読んでいる『「文系力」こそ武器である』にも、文系と理系にははっきりとした境界線は引けないというようなことが書いてあって、同じこと書いてあるような気がして興味深いです。

でも、ものごとがこの世に存在している限り、全てはどこかで繋がっているはずで、だから一見関係なさそうなもの同志の繋がりが見えてくると不思議な驚きがあったりして楽しいですよね。

180524_02.jpg
ベランダのカシワバアジサイが咲き始めました♪


そしてそれって犬の学びも似てるなあと思ったのでした。

今起きてる問題、例えば咬むとか吠えるとか、それを失くしたいのに、それが”叱らない”とどうリンクするのか最初はわからなくても、学んでいるうちにそこには道があることがわかるようになります。

そういう意味でも”数学する身体”と”犬育て”の間にもリンクするものがある事を知ってワクワクしながらこの本を読んでいます。
そしてきっとこのワクワクも、脳の外、つまり身体的行為(=行動)にまで発展させないと”数学する身体”とは言えないんだろうなと、まだ読み終わってないので推測ですが、まるで内田樹先生の「ぼくらの身体修行論」の「居つかない」という言葉ともリンクして、身の引き締まる思いの今日なのでした。


******************************* 
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」  
猫ともっと仲良く、そして彼らをもっと幸せにしたい方はぜひ♪
*******************************


応援よろしくお願いします♪ 
posted by カエデ at 18:01| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする