2018年06月05日

懐がキャリーバッグ

こんばんは。
涼しい風が部屋の中を抜けて行って気持ち良い夜です。

最近、チニタもルビーも明け方になるとベッドに上がって来て添い寝し始めます。

180605_01.jpg
PCの前に座ると膝に乗って来るんですよね。

子供の頃一緒に暮らしていた猫達は、病院に連れて行くときキャリーバッグに入れず、姉や私のジャンパーの懐に入れて連れて行ったのをふと思い出しました。トコトコ歩いて徒歩20分位のところに病院があったのですが、獣医の先生がとっても乱暴だった。^^;思い出すとちょっと辛い。あの頃と比べると獣医さんも変わったなあと本当に思います。

ネコ達の暮らす環境も、良くも悪くも変化して、そして私達飼い主の環境も変化しました。何より、一緒に暮らすネコ達について飼い主が学ぶ場所なんてあの頃なかったですもんね。この状況が猫達(そして他の伴侶動物たち)の幸せにつながるといいなあと、現代の彼らの境遇を見渡しては考えを巡らせる日々です。

好きなものの幸せを願うのは当然のことだから、すんなりとその学びの道に辿りついたかというとそういう訳でもなく、私は犬を迎えて彼女との生活に困ってから学び始め、その中で動物に対する接し方の基本はみんな同じなんだと言うところに辿りつきました。
基本を押さえていれば、大きな間違いをおかすことは避けられそうです。
それでも、天国に送り出してきたネコ達一匹いっぴきに対して、それぞれ思うところがあり、だから今でも学び続けているのかな。

彼らと過ごす一日いちにちが”暮らし”でありその暮らしはそれぞれのネコ(イヌ)そして飼い主さんに彩られているのでしょう。恐怖や寂しさや痛みではなく、歓びや安らぎで彩られた暮らしであるといいなあと思います。そんな風に暮らせれば、彼らが去った後もきっと、その思い出が私たちを癒してくれると思うから。





一緒に暮らす動物たちがどうしてそういう行動をするのか、もっと豊かに暮らすためには何ができるのか。その基礎の部分のお話しをぜひ一緒に伺ってみませんか。↓

******************************* 
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」  
猫ともっと仲良く、そして彼らをもっと幸せにしたい方はぜひ♪






応援よろしくお願いします♪ 
posted by カエデ at 22:33| Comment(0) | 猫も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする