2018年06月20日

命のゆらぎ

こんばんは。
雨降りの一日でした。髪の毛爆発して大変でした。^^;

最近ルビーは外の空気に当たらないと排泄をもよおさないらしいというお話しをしましたっけ。

犬の成長過程、子犬から大人犬になる過程では様々なことが出来るようになって、その”出来るようになったこと”に人間が困ったりします。
例えば、警戒できるようになったり、そのおかげで吠えられる様になったり、または外でどんどん排泄できるようになったり(=家の中より外でしたい。同族との情報交換の意味が大きいと思います。)などなど。

でも大人犬を過ぎ、老犬への道は、今度はまた様々なことが出来なくなる過程なのかもしれないですね。
沢山歩けなくなる、走れなくなる、目が見えにくくなる、耳も聞こえにくくなる、など。それに伴って怖いものが増えたり、しますよね。

でも”成長”=”変化”であると考えれば、これも成長と呼べるのかも。
成長しつづけるルビーは出来ない事も増えて、これはこれでまるでパピーの様な可愛さです。

トイレの場所を間違えてあらぬところですることがあるけれど、彼女にとっては間違いではないので勿論叱ったりしません。排泄したらマズイところへは行けないようにしているので大丈夫。環境を整えて、ルビーがその中でいつまでも自信をもって自由に動けるようにしてあげるのが私の役目です。

犬を迎えたら彼らの心身ともに健やかな成長を祈りながら、また一方で人間社会と折り合いとつけて生きていける用にしつけを行いますが、”しつけ”とは
嫌悪刺激(犬にとって嫌な刺激)を使って行動を止めさせるということではないということを学んで、自分なりに実践してきました。

”私”という飼い主が彼女にとって”嫌なもの”にならないように気をつけながら暮らしてきた訳ですが、この姿もそのおかげなのかなと思ったりします。↓

180620_00.jpg

コーミングをしている間に眠ってしまったのでした。

我が家に来た頃、お散歩中に狭い道で車とすれ違う時、私は彼女をまたいだ状態で車をやり過ごそうと思ったけれど、ルビーは警戒して私の脚の間から逃れようとしたのを思い出します。信用されていなかった。^^;
犬に覆いかぶさるのは彼らを警戒させるからNGだということ、今ではよく分かりますが、それをやらずにルビーに対して礼儀正しく接しているうちに多少覆いかぶさってもOKな関係になるのですよね。それでも、彼女の寛容さに助けられたことは沢山あると思います。

学んでいなかったら自分の犬が年を取って行く事が悲しかったり苦しかったりするだけのことだったかもしれないけれど、苦しくても大丈夫、悲しくても大丈夫。色々あるけどそれが命。だからゆるゆると。・・・と、そう思える学びとそれを支えてくれる仲間がいることで立ち向かうことができるんだなと感謝の気持ちでいっぱいです。
そんな学びの場を私自身も作って行けたらいいな。大きな挑戦ですけど。


応援よろしくお願いします♪


posted by カエデ at 23:26| Comment(0) | 成長過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。