2018年06月27日

当り前のことを喜び褒めてみよう

こんばんは。
今日も暑い一日でした。まだ7月にもなっていないなんて信じられない。風も強かったですね。ベランダの鉢植えたちを床に避難させましたが、吊ってあったトラディスカンティアは何本も茎が折れてしまいました。でも繁殖力旺盛な彼らは脇芽をどんどん出して知らん顔して大きくなるんだろうな。


180627_01.jpg
「お顔がまんまる♪」って、お母さんが嬉しそうに笑います。

昨日の続きになっちゃいますが、食べることに興味のない私でも、一緒に食べれば楽しいし美味しいって感じる存在がいます。

それを考えると、例え食べることが好きじゃない個体であっても、暮らしている空間が叱りの無い場所・・・犬(猫)を脅かすものがない場所であり、笑顔と一緒に食べものを提示し続けてもらえる環境であれば、彼らの”食べること”自体の印象も変わってくると思うんですよね。

ご飯を食べることなんて当たり前だと思いますか?
健康であればそうかもしれませんね。

でも私は先代猫フーラの晩年に感じたのです。
「おいしいね」「すごいじゃん!」
って普段から食べることを励ますことは、いずれその言葉がその子の気持ちを鼓舞する言葉になり、きっとその子の生きる力と、それを支える飼い主である私たちを助けてくれると思います。

”この人のくれるものなら・・この人と一緒なら食べるの楽しい。食事が美味しい”
と思えることは宝だなと思います。

命は限りあるものですが”食べることは生きること”だから、そんな風に最後まで食べることを好きでいられることは、飼い主にとっても安心の材料だし彼らにとっても喜びなのではないでしょうか。
食べることを褒めること(”名前を呼んでおやつ”と同じ原理=感情の条件づけ、と言っていいかどうかは分かりませんが。)は、犬(猫)はもちろん、飼い主も一緒に幸せになれる取り組みだと感じています。

 
 
応援よろしくお願いします♪


posted by カエデ at 22:53| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。