2018年07月12日

15才、成長の証?

こんにちは。
今朝は激しい雨が降っていた埼玉。久しぶりの涼しい空気を味わってホッとしたのもつかの間、日中は晴れたり曇ったりで蒸し暑さが増した感じがありました。でもさっきルビーの排泄に外に出たら、結構涼しい風が吹いていましたね。

180712_01.jpg
お鼻がどうかなっちゃうんじゃないかと一瞬心配した写真。^^;

お散歩もそうですが、家の中でも、あてもなく歩くような感じが増えてきたルビーです。外から帰って来てもコテンと寝るというよりなかなか眠りに落ちられなくてどうしよう、みたいな様子も見受けられます。ひんやり枕を首のあたりに当てがって、背中から腰のあたりをそーっと撫で続けているとすんなり眠りに落ちていくようです。その様子があまりにも気持ち良さそうで、毎度こちらも意識を失いそうになります。(笑)(話しそれますが、散歩から帰った時のあのなんとも言えない心地よい疲れってなんなんでしょうね。犬たちは人よりももっと沢山の情報(刺激)に触れているのだろうから、身体だけでなく脳的な満足感も人間の比じゃないのかも・・・。)

そんなわけで、パピーが寝ぐずって吠えたり噛んだりというお話しを伺うことはあっても実体験がなかった私ですが、今それを多少なりとも実感させてもらっています。
寝ぐずりや体調の変化からくる噛みや吠えを”犬のわがまま”と誤って受け取って、彼らが悲しむようなトレーニングが行われることがないように、情報発信頑張らねば。

180707_01.jpg

ルビーはそうやって眠りに落ちた後も、10分位たつと直ぐに目を覚まして辺りを見回したりします。私がいる時は傍にいって眉間を撫でたりまたお尻の辺りをそっとなでたりしているうちにまた眠りに落ちていくのですが、
「目が覚める度にそれやってたら、ちょこちょこ目を覚ますようになっちゃうのでは?」
と思う人もいるかも?
でも2,3数回そんなことを繰り返すと、あとはぐっすり眠ってくれるんですよね。彼女が欲しかったのはきっと私の反応というよりも、彼女の中に満ちていく安心感(安定)なんじゃないかな〜と思っています。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:00| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする